甲斐武田を探検っ!!

 

下山城跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

mk015

穴山氏の本拠下山城ですが、身延町の本国寺が城跡とされています。こちらのお寺は国道52号線、いわゆる身延みち沿いにあります。その国道には「お葉つき銀杏」の案内板?あるのでそれを目印にすればわかりやすいと思います。少し入口が狭いといえば狭いかな?

その下山城ですが、穴山伊豆守信友が南部から下山に移った際に館を築いたとのことです。ですので、どっちかというと「館跡」っていうような感じなんですかねぇ・・・

その信友は信虎の次女(南松院殿)を妻とし、その嫡子陸奥守信君(梅雪斎不白)は信玄の娘(見性院殿)を妻として武田家と重縁を結んでいます。

甲陽軍鑑によると勝頼の代、信君は親類衆筆頭になっていたんだとか。しかし、武田信玄弟で信繁嫡子信豊との親類衆筆頭をめぐる争いがあり、それに敗れる格好になるなどして、穴山氏は徳川氏と通じ(勝頼は長坂・跡部などの意見を容れ、一方的に勝頼娘と信君嫡子勝千代の婚約を破棄、信豊の子次郎と婚約をさせてしまったんだとか)武田氏の滅ぶ原因のひとつとなります。

<2006/8/24>

さて、現地の説明板によると、境内には穴山信君を祀った「穴山八幡宮があり・・・」とあったので、かなり月日は流れてしまいましたが際訪問してみました!

けど・・・う〜〜ん、わかりません。左の写真、怪しいといえば怪しいのですが。

お寺の方がすれ違ったんですけどね。忙しそうだったので、話しかけはしませんでした。が、いまとっても後悔中です・・・

あと、遺構などもわかりませんでした(素人なものですから・・・)。

本国寺の近くには南松院などもあるので、時間があればブラブラ徒歩で歩いてみるのもいいですかね?そして、もう少し足を延ばすと日蓮宗総本山身延山久遠寺もあります。

この辺りの国道52号はかなり整備され走りやすくなっています。ただ、結構まだ工事していたりするので、注意して下さいね!!

<2007/4/30 追加>