甲斐武田を探検っ!!

 

武田最前線史跡公園(石塁)

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

mt007

富士河口湖町にある武田最前線史跡公園です。

とは言っても、ここは有名な青木ヶ原樹海のど真ん中。遊具などはございません(笑)あるのは「石塁」のみ。樹海の中の国道139号を走ると、上九一色(かみくいしき)中学校入口の信号があります。そこのすぐ左(あ、精進湖方面から進んだとしてです)に下の写真「武田最前線史跡公園 石塁入口」の看板があります。ここから樹海に入ります・・・。なんとなく踏み均されているので大丈夫だと思いますが、入ったら右手に進んでください!自分、最初どこかわからず、危うく左方向に進もうとしました(汗)

入口付近の石塁は腰より下の高さなのですが、もう少し奥に進むと結構な高さになるようです。

こちらの石塁、武田氏と今川氏が同盟を結ぶ以前に武田方が築いたといわれています。ここよりもう少し本栖湖方面に進むと本栖城跡、さらには九一色衆の一人である渡辺囚獄祐屋敷跡などもあります。九一色衆は甲斐と駿河の国境警備にあたっていましたから、かつてはこの辺り、両氏の間で緊張状態が続いていたのでしょう!

こちらの史跡は地面が溶岩です。かなり足場は悪いので注意して下さいね。ただ、樹海と呼ばれているだけあって、緑は抜群!というか、緑だらけ!!結構リフレッシュできたかな?

・・・ここ、駐車場がないんですよ。中学校に停めるとまずいので、その中学校へ向かう道に路駐しました。

周辺には本栖湖・精進湖などの湖、そして風穴などもあり盛りだくさんの観光地。たまにTVなどで紹介されていたりする場所でもあります。ゼヒ富士五湖観光のついでにでも!

 <2007/8/14>