甲斐武田を探検っ!!

 

真田氏屋敷

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 ht003

北杜市須玉には真田昌幸の弟信尹の屋敷跡が伝わっています。大坂の陣では真田信繁(幸村)の徳川帰順を説得したとして名が知れていますが(ご存知のように失敗に終わっています)、なにぶん幸綱・信綱・昌輝・昌幸・信之・信繁などなど・・・超メジャー級な一族ですので。

屋敷跡は武田滅亡後、徳川家臣となってからのモノですが、信尹自体は信玄・勝頼の頃から活躍していますので紹介します。

 

北杜市須玉町大蔵地区に少林寺というお寺があります。こちらは真田信尹夫人(馬場信春の娘とも言われています)が中興開基。お寺の屋根には真田の家紋があります。このお寺の西方にある畑の中にチョットした林がありますが、こちらが真田氏屋敷の土塁跡と言われています。

左上の写真は高台から撮影したもの。写真の右手前、枝の陰には少林寺があり、中央付近の林が土塁跡です。ちなみに小高い山が奥に見えますが、それは若神子城跡です。そして、もう少し接近して撮影したものが右上の写真。

  

さらに林の中心付近をズームしてみると、祠が見えます。これも屋敷跡の名残のようで、屋敷の鬼門にあったお稲荷さんだとも言われます。ちなみに屋敷はこの土塁跡の南西にあったと伝わっています。なお周囲は畑なので、当然無許可立ち入り禁止です。

中央写真は少林寺、右の写真は近くにあった道祖神の祠。関係はないと思いますが、ちょうど小正月で綺麗になっていたのでパシャリ!

同じく徳川氏のなってからのものですが、近隣には三枝氏屋敷跡屋代氏屋敷跡があります。真田信墓所も同じ北杜市の長坂町、龍岸寺にあります。周辺は結構イロイロあるので探検してみてはっ?

 <2009/1/17>