甲斐武田を探検っ!!

 

了泉寺

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 ma004

 

南アルプス市大師にある日蓮宗了泉寺のご紹介です。

こちらのお寺は古くから跡部大炊助の屋敷跡だと伝わる地です。遺構などはなく、看板・説明板の類もありませんが、ちょっとした史料などには記載されていることが多いようです。永禄十年(1567)建立されたのだとか。

 

深向院というお寺が隣地区の南アルプス市宮沢にありますが、そのお寺も跡部大炊助と関係するといわれています。境内のお稲荷さん?にも「跡部大井守」の木片・・・。というふうに、この周辺は跡部氏の伝承が多く残ります。

ちなみに跡部氏。もともとは信濃から守護代として来甲します。大きい権力を持つようになりますが武田信虎の祖父、信昌争い衰退しますが、信玄・勝頼の代になるとその子孫とおもわれる跡部氏が甲斐の政治の中枢に入り込んで再び重要な役割を行うようになっています。跡部大炊助の家系は守護代跡部氏の嫡流ではないか?といわれています。

 <2009/1/13>