甲斐武田を探検っ!!

 

連方屋敷

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

yn019

連方屋敷はJR中央本線東山梨駅近くにあるのですが、最初はまったくわかりませんでした。と、いうのも自家用車を整備に出して代車だったんです。ナビ着いてないし乗りなれない車だから変な汗かいてくるし。地図とにらめっこしたんですが、かなしいながら・・・・

しかしながら、自分の車復活したらナビもばっちりだし!!あっという間に発見できました。あらためて、皆さんナビは便利です!(笑)

ということで連方屋敷、地方豪族の屋敷跡ということで江戸後期くらいにはすでにこの名称で呼ばれていたそうです。方形の敷地で周りには土塁と堀があるそうです。どうも、武田信玄・勝頼の時の蔵前衆、古屋氏の屋敷跡なんじゃないか?って言われているみたいですが。土塁の写真は・・・・毎度毎度中途半端ですんません。

駐車場などがないんです、路駐しようとしたんですが、道が狭くきっとかなり迷惑かけそうな感じです。ですが、ここの史跡、発掘中であちらこちらにビニルシートかかってまして、水路にも鉄板がかけられ仮の橋となっておりました。ですんで思いっきりその鉄板に頭からつっこまさせていただきました(笑)説明板はしっかりあります!発掘調査もどのような結果が出るか。とっても楽しみですっ!!

<2006/9/24>