甲斐武田を探検っ!!

 

蓮朝寺 原加賀守昌俊墓所

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 

 ff007

笛吹市石和町の原加賀守昌俊の菩提寺、蓮朝寺。原昌俊は武田氏の陣場奉行です。信虎・信玄に仕え甲陽軍鑑によく登場している人物です。子の隼人佐昌胤も同じく陣場奉行で父子とも信玄に抜群に信頼されていたそうです。特に昌胤は武田二十四将に数えられており有名です。

昌俊菩提寺と先ほど述べましたが、昌胤の位牌もこのお寺にあるそうです。さらには昌栄(昌胤の子)の名前(法名 宗徹です)がある「曼荼羅」もあるとか。

さらに場所は少し離れますが、石和町内には昌俊夫人創立のお寺恵法寺があります。その原氏は現甲府市高畑に所領があったと言われていますが、妙に石和とつながっています。

蓮朝寺の場所は、かつての若彦路(甲斐と駿河を結んだ道)に面しています。現在の県道からですとは少し入っていただきます。駐車場も数台なら大丈夫なはずです。なお、お墓の横に説明板があります。

 

原加賀守昌俊墓

信虎〜信玄初期に活躍しました。天文十九年(1550)嫡子昌胤が後を継いでいます。

 

   

同じ地区内には、原加賀守昌俊建立の願昌寺跡、さらには武田信重館跡・墓所(成就院)などあります。一時期、甲斐の中心となった笛吹市石和町小石和(こいさわ)です。上の4枚の写真は小学校近くにある「願昌寺」です。右二つに写ってる石板。年代は不明ですが、かなり古いそうです・・・。さらに石和町内には昌俊夫人建立と伝わる「恵法寺」もあります。

下の写真は成就院にある、武田信重のお墓です。

 <2006/8/11>