甲斐武田を探検っ!!

 

葛野川ダム(松姫湖)

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ot005

大月市七保町、葛野川沿いに国道139号が走り、松姫峠を越え小菅村に向かっています。その松姫峠の手前(大月側)に葛野川ダムがあります。

 

場所ですが、非常にわかりにくいかも知れません。道路にでている標識に沿って行けばよいのですが、途中から暗いトンネル、さらに前面は通行止め・・・。あれ?となりますが、慌てず通行止め部分まですすむと左手にマダマダ続くトンネル。そのまだ延びるトンネルはセンサーで天井の照明が点灯し、チョット安心。そのまますすむとダムに到着。少しドキドキが味わえます(笑)

 

葛野川ダムは、上部ダムとの落差を利用して電力発電する葛川発電所(揚水式発電所と言うそうです)の下部ダムですが、なんでもその上部・下部ダムの落差が世界最大級の714メートル。

 

ダム湖(下部調整池)は松姫湖とも呼ばれているようです。近くに松姫峠があるからでしょうね。松姫は武田家滅亡の際、武蔵の八王子に落ち延びた人物。ただ、その松姫峠も信玄の娘である松姫と直接的な関係は疑問をもたれているので、それほどというか、ほとんど甲斐武田とは関係ないか・・・?

しかし、ダムはまったく素人の私が見てもすばらしい!また、下流には東京電力のPR館があり、無料でダムのことはもちろん、その他のことも楽しく見学できます。さらには申し込むとダム内部の見学もできるのだとか!!無料なのでゼヒHPで確認してみては?私、次回は無料ダム見学に挑戦しますよ!

 <2009/8/19>