甲斐武田を探検っ!!

 

入明寺 武田龍宝墓所

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 kfm002

  

入明寺、実は親戚の家の近くなんです。前の道もよく通っていましたし。しかし、竜宝(信玄次男、幼少時病で失明)のお墓あるなんて知らなかった!!・・・このように、山梨県人の私でさえもチョットした発見があるので、とても楽しい山梨県です。

武田龍宝は信濃の名族を継ぎ海野氏を名乗ります(海野幸貞の後継とも言われたり名を信親とも言われていますが、実際ははっきりしていないようです)。のちに長延寺実了の弟子となり、半僧半俗の修行者として「御聖道様」ともよばれていたとか。

合戦時などは甲斐に残り、しっかり甲斐国内を守っていたらしいです。そして武田氏滅亡時はその報を聞き、子の顕了道快(武田信道)を逃がした後、ここ入明寺で自害したそうです。

 

境内には松姫逃亡経路が貼ってありました。

また、躑躅ヶ崎館跡近くにも竜宝墓所と呼ばれる場所があります。

 

 ↑お墓全体

 

 

武田龍宝墓

現実主義者と言われる父信玄ですが、二男のことをかなり気にかけていたようで、信親の眼が見えるようにして欲しいと願文を書いたりしています。普通の父親の一面も残している信玄です。

<2006/8/11 2009/3/31一部修正>