甲斐武田を探検っ!!

       四尾連峠

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ny011

史跡・関係地名:四尾連峠

住所:山梨県西八代郡市川三郷町山保

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×(大門碑林公園から約2時間)

説明板:△?

売店:×

地図:

 

関係人物:武田氏など

<烽火台?>市川大門の大門碑林公園から蛾ヶ岳(ひるがたけ)登山道を2時間強。そんな場所にある四尾連峠です。四尾連湖からは30分程度から登ることができると思うのですが、私は歩いていないので断言できません。碑林公園から砦跡・烽火台跡を見て峠に着く・・・、古くから間道として使用されていた登山道ので、歴史をかみ締めながら歩くのが個人的におすすめです。ただし道の途中、数箇所崩落している場所があるのでご注意ください。なお峠からは甲府盆地は見えず、木々の間から僅かに四尾連湖を視界に捉えることができます。

その峠にある案内図が上の写真。大きく「烽火台(のろしだい)」と記されています。甲斐国志・図説山城探訪には案内されていないのですが。気になります。確かに間道を見守る砦的なものはあってもおかしくはないのでしょうが、烽火台だというとあまり展望が利かないのでイカガナモノなのでしょうか・・・。武田氏というより、天正壬午の乱の際の徳川氏のほうが利用する価値がありそうな場所ですよね。

 

左上写真は峠から市川大門側に向かう道。右上は道から峠の平坦部を見た写真。

 

上の2枚は峠付近のものです。大きな平坦部がありますが、観測施設のために整地されているのだと思います。遺構などはかつて存在したとしても、破壊されてしまっているのでしょうか・・・。

そんなことをイロイロ考えながらトレッキングができる山梨の山々。森林浴でリフレッシュしましょう!!

周辺の甲斐武田氏関係地:古城山砦古城山烽火台など

参考文献:甲斐国志・図解山城探訪17集/宮坂武男・新版アタック山梨百名山/山梨日日新聞社など

<2013/4/16>