甲斐武田を探検っ!!

       大木大和守墓所

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ny008

史跡・関係地名:大木大和守墓所

住所:山梨県西八代郡市川三郷町黒沢

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

関係人物:大木大和守など

<大木氏とは・・・>武田氏の時代、市川三郷町黒沢地区大木集落には大木氏が居を構えていました。大木氏は大木因幡守が三枝虎吉娘を嫁に迎えているため、武田氏家臣団の中でも、比較的有力なのではなかったのではないのでしょうか。

 

大木氏屋敷跡と伝わる大増寺東に墓地がありますが、その一番奥?高い場所に大木大和守の墓所があります。右上は大増寺側から見た写真、左上は墓所から大増寺側を見た写真です。

  

墓石には文字が刻まれていますが、よくわかりません。「山城探訪」によると、大和守政義は長享元年(1487)九月五日没で法名は大増寺殿秋月清道居士と伝わります。なお、高野山成慶院でも天文二十年(1551)四月二十一日に大木大和守は供養されています(法名は道清禅門、逆になっています)。

大木大和守と因幡守の関係はわかっていません。また、永禄十三年(1570)駿河花沢城攻めで、功をあげ討死した大木源五(源吾)という人物もいますが、こちらもまた関係はわかっていません。

周辺の甲斐武田氏関係地:大木氏屋敷など

参考文献:甲斐国志・図説山城探訪第十七集/宮坂武男・武田氏研究34号/武田氏研究会他

<2012/4/30>