甲斐武田を探検っ!!

       甲斐源氏旧蹟之碑

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ny006

史跡・関係地名:甲斐源氏旧蹟之碑・源義清公館跡伝承地

住所:山梨県西八代郡市川三郷町市川大門

場所のわかりやすさ:△

駐車場:○

説明板:○

売店:×

地図:

関係人物:源義清など

<源義清って?>甲斐武田氏の特に戦国時代を好んでしまっている私には、チョット難しい人物。調べてみますと・・・、義清は新羅三郎義光の三男(長男は義家で、後に義家の家系から頼朝が生まれています)で、天承元年(1131)常陸国武田郷から甲斐に入り市川庄に居を構えました。実質的な甲斐源氏始祖と言ってよい人物です。彼の子清光は後に逸見地方に移り住み、逸見冠者(逸見で元服したという意味)を名乗っています。その清光の子には光長・信義などがおり、長男光長は逸見地方を継承。信義は武田の地(現韮崎市)に居を構え、武田姓を称します。長男が逸見氏を名乗ったので甲斐源氏嫡流は逸見氏であるとも言われます。

その後、武田信義は甲斐源氏の中心人物となり、甲斐武田氏を栄えさせていったのはご承知の通り。他の子供たち、遠光・清隆・義長らも甲府盆地に分散して居を構え、甲斐源氏勢力拡大のを助けていきます。

 

 

敷地内には「源義清公館跡伝承地」の碑?があります。館跡とはいいますが、特に遺構が残されているわけではありません。「伝承地」といわれる原因でしょうか。敷地内の小高くなっている場所には、大きな「甲斐源氏旧蹟之碑」が建っています。また、石碑横には義清館の守護神であったという熊野神社が鎮座しています。

 

左の写真は八ヶ岳方面を写した写真ですが、八ヶ岳といえば、そう逸見地方です。甲斐源氏はまず、逸見地方をおさえ甲府盆地中央部にむかい着実に勢力を拡大していきます。右の写真は、すぐ近くにある平塩寺跡方面。この地域を探検したいのであれば、平塩寺跡を目標にし、次は熊野神社を目標にするとわかりやすいはずです。

道路が若干細かったりするのですが、ここが甲斐源氏の出発点。ゼヒおさえておきたい場所です。

周辺の甲斐武田氏関係地:平塩寺跡・善福寺など

参考文献など:甲斐国志・須玉町史など

<2012/01/12>