甲斐武田を探検っ!!

       水上氏屋敷

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ns034

史跡・関係地名:水上氏屋敷(水上宗普宅)

住所:山梨県韮崎市清哲町水上

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

 

関係人物:水上宗普など

<水上宗普とは?>甲斐国志には「軍艦ニ水上宗浮深志ノ留守居トアリ」と記されている水上宗普(伊奈宗普・宗富・宗浮)。この地出身で、信濃国(現長野県)伊奈地方を中心に活動し、深志城の留守居を勤めたといわれていますので、それなりの地位にはあった人物であるようです。また彼は信玄・勝頼の時代に活躍した人物であったようで、武田家滅亡時の際には深志城に居た形跡がないので、すでに死去していたのでは?と、「武田勝頼のすべて」で平山優氏は述べています。

 

現在も同姓の方が多く住み、大きな長屋門がある場所が屋敷付近と思われています。実際お宅裏には墓地があり、水上宗普墓所もあるようです。こちらの墓所は甲斐国志でも紹介されています。

 

明確な遺構は残されていませんが、左の写真の中央手前から奥に向かってある段部分は、屋敷境界あたりでは?と考えられています。

 

屋敷南方に山に入る道があるのですが、そこからも屋敷跡という明確な遺構は確認できず。宗普墓所も確認していませんが、何気なく残る、信濃統治に役目を果たした人物の屋敷跡です。

周辺の甲斐武田氏関係地:武田八幡神社など

参考文献:図解山城探訪第15集/宮坂武男・甲斐国志・武田勝頼のすべて/編柴辻俊六平山優など

<2012/8/24>