甲斐武田を探検っ!!

       丸山の塁

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ns033

史跡・関係地名:丸山の塁(隠岐殿)

住所:山梨県韮崎市中田町中條上野

場所のわかりやすさ:○

駐車場:○(新府城駐車場に)

説明板:×

売店:×

地図:

 

 

関係人物:武田勝頼・真田信尹(信昌)など

 

<武田の思惑は?>武田家滅亡前年の天正九年(1581)、躑躅ヶ崎館を破棄し新府城が造られました。新府城は釜無川と塩川に挟まれた丘に位置しており、技巧を凝らせた造りは武田流築城術の集大成とも言われます。

その新府城のすぐ東方に小山があります。こちらは「丸山の塁」と呼ばれている場所。甲斐武田氏の新しい居城近くの小山、ここに何もない訳がない。と古くから考えられています。

 

こちらの場所は小字丸山(古くは隠岐殿/おきどの)と呼ばれており、真田隠岐守信昌(当時は加津野市右衛門)との関係も指摘されていますが、史料的には残されていません。「武田勝頼と新府韮崎城」によると、丸山の西方斜面には、耕作地として開拓される以前から、平地があったといわれます。さらに丸山と新府城の間の畑からは焦げた米が発見され、丸山北方には隠岐殿遺跡という中世屋敷跡と考えられる遺構が発見されています。

 

ちなみに北方から登る道が一本ありましたので、進んでみるとそこは果樹園。この場所も古くから平地であったといわれていますが、当時になにがあったのかはわかっていません。

遺構や史料は残されていませんが、状況的にみて新府城築城時、さらには天正壬午の乱で徳川家康が新府城に本陣を構えたときなど、砦などとして重要な役割を果たしていたことは間違いないと思われています。

周辺の甲斐武田氏関係地:新府城隠岐殿遺跡能見城防塁光明寺など

参考文献:図解山城探訪第15集/宮坂武男・甲斐国志・武田勝頼と新府韮崎城/高添藤政など

<2012/7/24>