甲斐武田を探検っ!!

       白山城跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ns031

史跡・関係地名:国史跡白山城跡(武田館要害城・城山・鍋山城)

住所:山梨県韮崎市神山町鍋山

場所のわかりやすさ:△

駐車場:○(白山神社もしくは武田八幡に)

説明板:○

売店:×

地図:

 

関係人物:徳川氏・武田氏・武川衆など

<武田流築城術が残る城>武田八幡神社近くにあり、武田信義が後詰の城として築城したとも伝わる白山(はくさん)城。その後武田支族である一条氏が使用、信玄の代あたりでは武川衆青木氏・山寺氏などが役目を担い烽火台として使用されたと考えられています。続く勝頼は天正九年(1581)、近隣の七里岩上に新府城を築城するのですが、その際の南方防衛拠点として白山城を考えていたとされます。更に武田氏滅亡後、天正壬午の乱で徳川軍本体が新府城に布陣、ここ白山城も対北条軍として改修されたようです。

<山のぼり>標高550mにある白山城。大手(正面)と三の丸(もしくは馬出しとも/戦国武田の城)、裏から登ることができますが、三の丸方面の登り口は少しわかりずらくなっており、ワタクシはタマタマ見つける事ができた状態です。武田八幡神社からは三の丸方面が近いのですが、ここは白山神社から登り大手から正々堂々?入城しましょう。

 

白山神社左手に登り口があります。三の丸方面からの登りは斜面がきつく、滑りやすくなっていたりするのですが、こちらは比較的なだらか。10分程度で城跡の遺構が現れてきます。

  

上の写真は遊歩道を登っていくとまず見る事のできる虎口。左は城外方面、右は城内方面から。はっきりとわかります。

 

少し歩くといよいよ主郭部に入っていきます。郭・土塁・空堀も現れます。素人でもわかる、はっきりとした状態で残されています。

 

主郭入口は虎口となっており、一部土塁が消失したと考えられていますが、攻められた際にまっすぐ敵兵が入ってこないよう工夫されています。

 

左は二の丸からの尾根沿いにある堀切。右は二の丸と主郭の間の空堀です。

 

左は二の丸、右は説明板などがある主郭。

 

周囲もしっかり見ると、竪堀も確認できます。城跡全体、整備もある程度されているので見やすい史跡といえるのではないでしょうか。

 

因みに「熊注意」。この門を開けて城を目指していってください。ただ、これほどはっきりわかる形で案内しているということは、かなり危険なのでしょうか?ここに限らず、山城を見学する際は事前の準備などをしっかり行いましょう。

周辺の甲斐武田氏関係地:武田八幡神社願成寺など

参考文献など:天正壬午の乱/平山優・新装版戦国武田の城/中田正光・甲斐国志など

<2012/2/5>