甲斐武田を探検っ!!

       能見城跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ns016

史跡・関係地名:能見城跡

住所:山梨県韮崎市穴山町

場所のわかりやすさ:○

駐車場:△(駅横の公園から歩いて・・・)

説明板:△

売店:×

地図:

 

関係人物:守屋新兵衛尉定知・武田勝頼など

 

<穴山の地>韮崎市穴山町にあります、能見(のうけん)城跡。「穴山」の地名でおわかりかと思いますが、ここは武田勝頼ファンには不評の穴山信君などの「穴山氏」発祥の地。同地区内の満福寺には穴山氏の墓所があります。穴山信君の祖先がこの地に居を構え、地名の「穴山」を名乗ったのが始まりで、後に甲斐の南部(河内地方)に移住し勢力を拡大していきました。

さて、JR中央本線穴山駅改札をでた正面に見える山(丘?)が城跡となっています。城跡の斜面に大きな看板があるのでとてもわかりやすいと思います。自動車ですと、新府城跡前の道をそのまままっすぐ北杜市方向に走らせると右手に見えてきます。能見城自体の説明板のようなものはありません。大きな看板が目立って、多くの人が気になる場所だと思うのですが。

 

<守屋一族と能見城>舗装されていない、それほどきつくない坂道を登っていき、頂上が城跡(と思われる場所)です。大きな「能見城址」の看板が建っています。その看板の横には、「守屋一族発祥の地」の石碑があります。それによると、武田信玄の時代に守屋新兵衛尉定知という人物が能見城の城将をつとめていたのだとか。ちなみに守屋氏といえば、信濃諏訪大社上社神官として武田信玄の諏訪攻略に大いに関わった守屋信真がいますよね。守屋信真の「信」の字は信玄から拝領されたものなのだとか。

<能見城の役目とは>能見城ですが、前述の通り信濃方面への守りとして信玄の時代にあった、いや武田勝頼の築城した新府城の外郭である、いやいや武田滅亡後の天正壬午の乱の際、徳川方が新たに築いたと様々に言われています。甲斐国志では、この城跡と周囲に残る土塁・堀跡を新府城の外郭として紹介しています。そうすると、現穴山地区の一部などを囲んだ広大な敷地となっていきます。が、最終的な結論としてはまだまだ出ていなく、これから新事実が明らかになっていくであろう城跡です。

周辺の甲斐武田氏関係地:能見城防塁御名方神社新府城跡隠岐殿遺跡など

参考文献:甲斐国志・新府城と武田勝頼など

<2008/6/10 2010/9/11リニューアル>