甲斐武田を探検っ!!

       霞堤(信玄堤)

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

nk002

史跡・関係地名:霞堤(信玄堤)

住所:山梨県中巨摩郡昭和町河西

場所のわかりやすさ:○

駐車場:○(近くに公民館あり)

説明板:○

売店:×

地図:

関係人物:武田氏など

<地区名に>この場所は河西地区といいます。ここの東側には河東・河東中島という地名があります。当然、川の東・西であったことからつけられた地名。「川」とは釜無川のことです。古くは竜王の信玄堤あたりから南東に流れ、甲府盆地を横切り、現在の小瀬スポーツ公園南方の甲府市落合で笛吹川と合流した釜無川。武田氏が竜王周辺の治水事業に着手し、徐々に釜無川の流路を西方に変えていきました。武田氏が滅びて、徳川氏の統治の時代になっても治水事業は続き、現在に至っています。

かつて洪水対策として築かれた霞堤が現在も昭和町内には残されています。

諏訪神社左手にチョットした盛り上がり、確認できるでしょうか?

 

正面?からみると上の写真のような状況。

 

堤の上に登ると左上の写真のようになっています。住宅地の中にある、歴史を感じることができる場所。素敵ではありませんか。

周辺の甲斐武田氏関係地:釜無川など

参考文献:甲斐国志など

<2013/5/4>