甲斐武田を探検っ!!

 

粘土節

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

co003

 

 

 

釜無川のほとりに「粘土節」の石碑が建っているんですが、天気がよければ、ちょっと釜無川の土手に登ってください!西には南アルプスが少し見え(上中央の写真)、北西には八ヶ岳が(上右の写真)。山梨生まれてよかったかもーって、ふと思ってしまいました。天気が悪いときは・・・・釜無川の濁流がおむかえしてくれるはず(笑)

「粘土節」は、武田信玄が釜無川の信玄堤を築く際に歌われた作業歌だそうです。真相はわかりませんが、堤の完成以降もこの地で水害が度々起こりそのときもこの歌は歌われ、今日まで歌い継がれてきたんだとか。現在、中央市の無形文化財にしてされ、釜無川の氾濫のなくなった今もなお保存会が歌いついでいます。

この石碑は、先人の苦労を後世にしっかり伝えていくためにたてられたんだそうです。

 

 

まだ、ちゃんと聞いたことないんです・・・

機会を見つけ、ゼヒ聞いてみたいと思います!

 <2007/1/11>