甲斐武田を探検っ!!

       涙の森

 

  史跡一覧

  人物一覧

  トップへ→

ns013


史跡・関係地名: 涙の森

住所:山梨県韮崎市上ノ山

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×(近くの車道に路駐)

説明板:〇

売店:×

関係人物:武田勝頼・武田勝頼夫人

  


<落日の甲斐武田>織田徳川軍の侵攻と家臣団の崩壊に伴い、天正十年(1582年)3月3日、武田勝頼は新府城に火をかけます。勝頼と夫人、嫡子信勝らは小山田信茂に勧められた難攻不落の岩殿城(現大月市)を目指します。
  怒り・不安・恐怖様々な感情が混在する中、勝頼夫人はこの地で振り返り、赤々と燃える新府城を見て涙したと伝わる地です。勝頼夫人はこの地で歌を詠んだと伝わります。

  「うつつには おもほえがたきこのところ あだにさめぬる 春の夜の夢」

  現在涙の森には、韮崎市婦人会建立による勝頼夫人の歌が記された歌碑があります。


  

<所在地>少しわかりづらい場所だと思います。新府方面(韮崎方面)からですと少し苦労するかもしれません。
  東の茅ヶ岳広域農道から入っていく方がおすすめ。地元の方々も抜け道として使用しています。回看塚を通り過ぎ、右に行きそうな交差点(三差路)をまっすぐ行くと右手に見えてくるはずです。

周辺の甲斐武田氏関係地: 回看塚 更科姫屋敷跡 など

参考文献:武田氏年表-信虎信玄勝頼-/武田氏研究会編など

<2006/11/19・2016/1/25修正>