甲斐武田を探検っ!!

 

妙法寺

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

mt003

 

富士河口湖町小立にある、法華宗蓮華山妙法寺。駐車場は山門前に数台分。場所的には京浜地方からの観光地としてメジャーな河口湖の近くにありますが、境内はとても静かで緑も多く落ち着いた雰囲気。日曜日にお邪魔しましたが、ほかに人影はありませんでした。行ったときは本堂屋根(瓦かな?)を修理中〜

 

さて、こちらのお寺で有名なものといえば「妙法寺記(勝山記)」。妙法寺記は戦国時代の甲斐国内(特に郡内地方)の自然現象や作況などを記したもので、戦国期の甲斐国研究には欠かせない記録となっています。僧侶が何代にも渡り書き繋いだもののようです。

もとは特に題名もなかったようなのですが、写本が冨士御室浅間神社と妙法寺に保存され、前者は勝山記、後者は妙法寺記と呼ばれています。それぞれに追記などがなされており、妙法寺記には特に武田氏に関するものが多いのだとか。甲斐・駿河・相模の三国同盟の際、北条氏に輿入れした黄梅院殿の様子なども記されています。

 <2009/7/12>