甲斐武田を探検っ!!

       追分山松岳院

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

mk021

史跡・関係地名:臨済宗妙心寺派追分山松岳院/穴山乙若丸墓所

住所:山梨県南巨摩郡南部町中野

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:○

売店:×

地図:見にくい地図で申し訳ありません・・・

関係人物:穴山乙若丸・穴山信介・穴山信懸など

<悲運の長男>穴山信君(梅雪)の曽祖父信懸。信懸は穴山信介次男。では長男は?こちらに眠る乙若松(おとわかまる)です。乙若丸に関して事績はほとんど伝わっていません。彼は応永三十二年(1425)(現地説明板では応永三十三年/1426)十月二十九日早世。「松岳院寿貞大姉」という女性(乙若丸母か?と説明板に)が嘉吉元年(1441)五月十三日この地に松岳院を建立し、彼の菩提寺としています。

 

乙若丸弟の信懸は穴山氏を継ぎ、その後甲斐守(信風)-信友-信君(梅雪)と続きます。

乙若丸の父親は先ほどの通り信介ですが、当時の甲斐守護、武田信重の命により穴山氏嫡子を差し置き穴山氏後継として甲斐武田氏から入った人物です。穴山氏嫡子であった伊豆守は当時穴山氏所領であった国中地方(甲府盆地)小山城に入りますが、後に突如武田家に叛旗を翻し武田信重を急襲、自害に追い込んだと言われています。

 

松岳院歴代住職墓所の隣にある乙若丸墓所。法名は「松岳院大華仁公居士」と伝わっています。

 

<お寺?>一般の住宅かと思った赤い屋根の松岳院。お寺には・・・見えないかと。誰もいらっしゃらないのでしょう、入口にはチェーンが張られていました。駐車場もありませんので、道端に路駐いたしました。墓所は赤い屋根のお寺さんの北隣です。すぐにわかると思います。なお松岳院の南方では、中部横断自動車道着工工事をしています。大型車両が多いかと思いますので、お気をつけ下さい。

周辺の甲斐武田氏関係地:円蔵院など

参考文献:武田氏年表-信虎信玄勝頼/武田氏研究会・穴山武田氏/平山優など

<2011/5/3>