甲斐武田を探検っ!!

       回看塚

 

  史跡一覧

  人物一覧

  トップへ→

ki009


史跡・関係地名: 回看塚(みかえりづか)

住所:山梨県甲斐市宇津谷

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×(近くの車道に路駐)

説明板:〇

売店:×

関係人物:武田勝頼・武田勝頼夫人

  


<夫人も共に岩殿へ>天正十年(1582年)3月3日、織田徳川軍の侵攻と家臣団の崩壊に伴い、武田勝頼は新府城に火をかけ、郡内地方の岩殿城(現大月市)に向かいます。
  言い伝えによると、この地までたどり着いた勝頼夫人は振り返り、煙のあがる新府城を見て悲しんだそうです。また歌も詠んだとか。

  「春がすみ たちいづれども いくたびか あとをかへして 三日月の月」

  ここに建つ碑は大正12年(1923年)9月、塩崎村有志により建立されたものだそうです。


 

周辺の甲斐武田氏関係地: 更科姫屋敷跡 涙の森 など

参考文献:甲斐国志など

<2006/11/11・2016/1/25修正>