甲斐武田を探検っ!!

 

万力林

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 yn016

 少なくとも甲府盆地の東側に住んでる人ならほとんど知っているんじゃないでしょうか?「万力公園」こと万力林です。ふれあい動物園(でしたっけ?)や遊具などあり、自分も小さい頃からかなり利用しています。国道140号沿いには「信玄公ゆかりの万力林」って出てますから、誰でもわかるはずです。山梨市街地から来る場合でもあちらこちらに標識でてますから安心だと思います。

上の写真は霞堤です。この工法は甲州流だそうです。川が氾濫した際、開放されている箇所(写真の場所)に水が流れ込み、流域への被害を抑えることができるそうです。さらに、周辺地域への濁流を少しでも食い止めるため、我らが「信玄公」(笑)植林し林をつくってくれました!それが、万力林だそうです。ホントに信玄公かは怪しいとは思うんですけど。

 

 

こちらは雁行堤。ホントは高さ5辰らいあったそうですが折からの水害ですっかり埋まってしまっています。この雁行堤は武田氏滅亡後に造られているそうです・・・ 

万力は昔から甲斐の三大難所と言われていたとか。あとは竜王(信玄堤ですよね)近津(ちかつ)です。

また、武田信虎が永正十三年(1516)当時敵対していた大井氏そして駿河の今川氏の連合軍とこのあたり(万力)で戦い、敗北。恵林寺に逃げ込んでいます。

万力林の少し北には、古今和歌集で詠まれた名勝、「差出の磯」があります。特に武田氏と深い関わりがあるわけじゃないんですけどね、この場所そんな有名だったの?って感じなんで、紹介してみました。

 

↑「差出」ですね!

 

<2006/9/27>