甲斐武田を探検っ!!

       寺部八幡社の塁

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ma022

史跡・関係地名:寺部八幡社の塁(神部神社・土塁跡)

住所:山梨県南アルプス市寺部

場所のわかりやすさ:△

駐車場:○

説明板:△

売店:×

地図:

 

関係人物:加賀美遠光・加賀美遠経など

<大井荘内七ヶ村総鎮守>南アルプス市寺部地区にある神部神社。社記によると、鎌倉時代に加賀美信濃守遠光が京都の石清水八幡宮を勧請したのだそうです。かつては加賀美・秋山・小笠原・南部氏などの氏神であり、武田氏の歴代当主さらには徳川氏からも厚く保護を受けたと伝わります。なお、加賀美遠光館と伝わる場所が南方にあります。

加賀美遠光は甲斐源氏逸見清光の三男(養子の説もあります)、長兄は逸見光長、次兄武田信義、弟には安田義定などがいます。甲斐源氏を語るには欠かせない名前ばかりです。遠光の子供には秋山光朝、小笠原長清、南部光行等がいます。秋山氏は武田信玄・勝頼の時代に活躍した虎繁(信友)がわかりやすいでしょうか。小笠原氏はのちに信濃に入り大名になり、南部氏は陸奥に移り大名となった南部氏です。

 

鳥居横を走る市道は後年になって造られたもの。かつては道路を挟んだ東側の公園も社地でした。

 

<かすかに残る土塁跡>

 

神社西には微高地があり、土塁跡と甲斐国志は伝えます。南方から撮った写真が上の写真。わずかな盛り上がり、わかりますでしょうか?

 

左上は北方から撮影したものですが、かなりわかりづらくなっています。なお、神社の敷地の西には細長い地割があり(右上写真)、堀跡でなかろうか?と山城探訪は推測しています。この地は航空写真からでも推測が容易な方形の館跡だと思われ、館主として甲斐国志では加賀美遠光の孫遠経の名を上げていますが、確証はありません。

周辺の甲斐武田氏関係地:加賀美氏館(法善寺)・奈胡義行墓所など

参考文献:甲斐国志・図解山城探訪第十七集/宮坂武男など

<2013/1/19>