甲斐武田を探検っ!!

       網野新五左衛門屋敷

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ks045

史跡・関係地名:網野新五左衛門屋敷(浪人屋敷)

住所:山梨県甲州市塩山三日市場

場所のわかりやすさ:△

駐車場:△(常泉寺に・・・)

説明板:×

売店:×

地図:

 

私有地のため、自主規制・・・

関係人物:網野新五左衛門・網野志摩守など

<網野新五左衛門>甲斐国志によると「川浦の地士」、「甘利同心永禄中恵林寺青表紙日記ニモ甘利同心」と残る網野新五左衛門。他のには弘治元年(1555)十二月十八日武田家朱印状、永禄十一年(1568)五月十日山梨郡仏師原郷に家一軒の課役を免除される文書が残されています。

現代に網野新五左衛門屋敷と伝わる場所は、三日市場字仏師原、常泉寺北側にあります。「伝わる・・・」というのは、確実ではないからなのですが、立地や歴史的にもほぼ間違いないであろうと思われています。

 

今も網野氏がお住まいの屋敷跡ですが、大手(正面)は南側と思われ、そこにはこの周辺地域に行き渡る水路が流れています。

 

遺構は土塁が残ります。屋敷北側に残りますが、雑草のためわかりづらい状況です(左写真)。また屋敷西側にもかつては土塁があったといわれています。道路に比べると、確かに若干屋敷側が高くなっています(右写真)。今回未確認ですが、北側土塁そばに一族の五輪塔などが残され、その中には「天正十二年網野志摩守」と記された石塔があるそうです。

 

<水支配>

屋敷前には分水地点がありました。水の支配は、その地を治めるものにとっては重要なこととされていました。ここも古くから大変重要な場所であったのでしょうね。

周辺の甲斐武田氏関係地:武士原の塁・恵林寺など

参考文献:甲斐国志・図解山城探訪第16集/宮坂武男・塩山市史・戦国遺文武田氏編・定本山梨県の城など

<2012/6/4>