甲斐武田を探検っ!!

       伝 智誠庵跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ks033

史跡・関係地名:伝 智誠庵跡

住所:山梨県甲州市勝沼町山

場所のわかりやすさ:△

駐車場:△

説明板:×

売店:×

地図:

関係人物:三科形幸など

<智誠庵>「智誠庵」、聞いたことのある方はほとんどいないのではないでしょうか?私も知りませんでした。「甲陽重家録」という書籍からの情報です。

「甲陽重家録」によると山県衆で数々の武功をあげ、後に井伊直政にも仕えた三科肥前守形幸が建立したと伝わります。現在の甲州市勝沼町山地区公民館の場所なのだとか。三科ですが武田勝頼が自刃をし武田家が滅亡しると、織田軍などから逃れるためこの地に隠れます。そして織田軍の武田旧臣探索が治まると、この地に「智誠庵」を建て武田一族の霊をともらったと伝わります。ただ、自分が確認した時点では甲陽重家録にしかその説明がなく、実際に遺構他も確認できませんので「伝」とさせていただきます。つまりは御子孫の家に伝え継がれてきた話なのです。

 

すぐ横には、三科形幸墓所・屋敷跡と伝わる場所もあります。案外三科氏好きが多いようなので、妄想膨らませつつ周辺を少し散策してみてもいいのかもしれませんね。

 

<小佐野賢治>山地区の公民館ですが、「小佐野賢治記念館」となっています。敷地内には彼の胸像も。彼をご存知の方、意外と多いのではないでしょうか。実業家であり、政治家などとのつながりも深かったと言われています。ロッキード事件に関わった人物ですが、こちらの公民館は小佐野賢治氏の寄附により建てられたモノです。胸像はそれに感謝した地元の皆様が建てたものだと。

周辺の甲斐武田氏関係地:勝沼氏屋敷跡小佐手氏菩提寺など

参考文献:甲陽重家録・武田氏年表-信虎・信玄・勝頼/武田氏研究会赤備え―武田と井伊と真田と/井伊達夫など

<2010/7/23>