甲斐武田を探検っ!!

 

小荒間古戦場跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ht015

JR小海線、甲斐小泉駅の近くに何気なくたたずんでいる古戦場跡です。三分一湧水の近くにありますので簡単に行くことができると思います!ぼーっと運転していると通り過ぎるかも?ただ、説明版があるので気づくとは思います。

説明などによると、こちらの古戦場は天文九年(1540)に甲斐に侵入してきた信濃の村上義清と武田信玄が合戦を行い武田方が勝利をおさめたところだそうです。敷地内には「信玄公御座石」「信玄公鞍掛石」「信玄公遠見石」などがあります。

 が、どうも実際の史実と照らし合わせてみると、この時期この場所での合戦はありえないということらしいです(ちなみに信玄の信虎駿河追放は天文十年)。

しかしながら、伝承の中の古戦場でも年月が固定され、さらにこれだけ武田信玄にまつわるものがあるんですから、すごいことですよね。

この辺一帯からは仏像や兜が発掘されているそうなので、大きな合戦はなかったにせよ何かしらはあったんですね、何もなければ何も発掘されないはずですから。

そんな感じで、イロイロ妄想膨らませても楽しいですねっ!!

<2006/11/17>