甲斐武田を探検っ!!

       小曲大明神

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

kfm036

史跡・関係地名:小曲大明神/小曲氏屋敷跡

住所:山梨県甲府市小曲町

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

 

関係人物:小曲美濃・小曲長家など

<小曲氏と大明神>甲府市南部の笛吹川近くの小曲(おまがり)町。この地は笛吹川はもちろん、現在甲府盆地西部を流れる釜無川も古くはこの地周辺を流れており、数多くの水害に悩まされてきた地域です。そのような立地であるため、古くからの書物なども多くが流されてしまったのだとか。その小曲町に小曲大明神があります。この地域の氏神であるそうで、言い伝えによると創建年代は不明ながら、祭神は甲斐源氏加賀美遠光の次男小笠原長清(1162-1242)の子といわれる、小曲五郎長家。なお、小笠原長清は信濃守護小笠原氏の祖です。

  

 

神社屋根には小笠原家家紋「三階菱」があります。

 

<小曲氏と武田氏>ほとんど表舞台(史料)に現れてこない小曲氏ですが、「武田氏年表」によると、一蓮寺過去帳には明応十年(1501)二月二十七日、小曲美濃という人物がおり、栗原信遠・駒井周防などとともに亡くなっています。栗原信遠は延徳四年(1492)に武田信昌の後継者争いが信縄対信昌・信恵(油川)の間で勃発し多彩、信恵(信昌)方の大将として現れていることから、小曲美濃も信恵方の人間で、信縄に粛清されたのでは、と考えられています。その後、小曲氏は歴史から消えています・・・

なお、この地に小曲氏屋敷があったとされていますが、幾度となく襲った水害により跡形もなくなっています、区割なども厳しいものかと思います。唯一、小曲大明神がかつてこの地を治め、祭神にまでなった小曲氏を思い立たせるのみです。

周辺の甲斐武田氏関係地:小瀬氏屋敷跡報恩寺など

参考文献など:甲斐国志・郷土山城/甲府市立山城小学校同窓会・武田氏年表-信虎信玄勝頼/武田氏研究会など

<2011/10/25>