甲斐武田を探検っ!!

 

長盛院 金丸氏館跡 

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ma014

南アルプス市にある「長盛院(ちょうせいいん)」です。旧八田村と言ったほうがまだ馴染みがあるんでしょうか?八田村誌によると、永正十五年(1518)金丸伊賀守光信(土屋昌続・昌恒の曽祖父)が建立したんだそうです。

こちらのお寺ですが最近建て直したらしく、真新しい本堂が迎えてくれます。

金丸氏は、信玄の傳役であったといわれる筑前守虎義、その嫡男で虎義後継・横目付衆の平三郎昌直(同僚の落合彦助に逆恨みされ殺されてしまいます・・・)、そして昌直の跡を継ぎ、田野で勝頼妻子を介錯したといわれる虎義四男・介六郎定光などが知られています。さらに金丸虎義の子は武田氏を支える人物が多く出ています。虎義二男で土屋家を継いだ右衛門尉昌続、秋山虎繁の養子になった三男左衛門佐昌詮、長篠にて討死した昌続のあとを継ぎ武田氏を最期まで支え続けた五男惣蔵昌恒などなど。

 

さて、金丸氏館跡(現長盛院)ですが、ちょっとした高台にあります。写真で多少はわかるでしょうか?

左の写真、本堂裏にはちょっとした土塁跡が残っています。また、土塁外側に沿って細長い区画で果樹園があるのですが、堀跡だといわれています(見にくくて申し訳ないですがその下の写真です)。さらに東側の道を挟んですこし北側に土屋昌恒のお墓もあります。そのあたりもかつては広大な長盛院の敷地だったそうです。

 

金丸氏館跡から躑躅ヶ崎館方面を見てみました・・・・

 <2006/11/5>