甲斐武田を探検っ!!

 

市川三郷町歌舞伎文化資料館

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ny003

市川三郷町上野、ここでは一条塁跡が武田ファンには有名ですよね!一条信竜信就父子が武田家滅亡の際籠って徳川軍と対峙したと言われる城跡です。しかし、一般?の方々にはそのすぐ隣にある歌舞伎資料館のほうがいいのかな?その名の通り「歌舞伎」の資料館ですが、ココも「甲斐武田」と関わりがあります!

歌舞伎といえば「市川團十郎」?(無理やりですいません/笑)。その市川家の発祥の地がここ市川三郷町なんだとか。初代市川團十郎の曽祖父、堀越十郎家宣が武田家(厳密には一条信竜だそうです)に仕え、戦功でこの辺りの地を恩賞として賜ります。

その後、武田氏滅亡後浪人。そして現千葉県に移っていったんだとか。敷地内には市川團十郎発祥之地の石碑、市川家に関する説明板が建っています。もちろん、歌舞伎資料はせっかくなんだから見なきゃ、ね。

 

 

  

資料館の横には和風(歌舞伎か??)テイスト?な遊具のある公園があり、結構楽しめるはずです。市川三郷町では毎年8月7日には神明の大花火という花火大会が行なわれ、この公園からも少し小さくなりますが花火を見ることができます。かなりの人手となる花火大会、私もここ数年は親友の力を借りて毎年VIP席で鑑賞してます(笑)

同町内には堀越家宣出生地と伝えられている場所もあります。こうやって、様々な方向から「甲斐武田」を眺めてみても楽しいですね!

 <2007/10/20>