甲斐武田を探検っ!!

 

常泉寺 河村下野守道雅館跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ma013

南アルプス市の旧甲西町にある常泉寺です。国道52号の一本西側の道です。こちらのお寺、一軒家のようにほんとにさりげなくありますので、完全に通り過ぎるはずです(笑)自分がそのうちの一人ですから。ただ、お寺の入口には左上の写真にあるように、「河村下野守道雅館跡」という石碑が建っていますので、目印にはなるはずです。

河村下野守道雅は、武田勝頼の「御なんど奉行」、つまり衣料・調度などを取り仕切っていた人物です。武田氏滅亡時にはしっかり勝頼や信勝らと行動を供にし、田野にて自害したそうです。河村道雅の妻は、その後自らの住居をお寺とし、「河村山常泉寺」と名づけたんだとか。

また、河村氏には武田信虎が信縄の後継となった際、油川氏とともに武田氏に反抗した「河村左衛門尉」などがいますが、何か関係があるんでしょうか?またそういうのもわかればいいですよね!

左下の写真のようにお寺の奥手(北西側)に少し高くなったところに墓地があるのですが、こちらが土塁跡だそうです。とりあえずコの字にはなっていましたが、当時のままかどうかは・・・・また、お寺の敷地の北と東には水路が走っています。右下の写真ですが水路はコンクリートで固められていますので、当然当時のままの水路跡ではないんですが、当時をしのばせるものなんだそうです。

近くには、大井夫人墓所がある古長禅寺などがあります。なかなか、「常泉寺」だけっていうのは厳しいかとは思いますので、古長禅寺と一緒に・・・という感じでいかがでしょうか?

 <2006/12/11>