甲斐武田を探検っ!!

 

常光寺 青木氏墓所

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ns009

 

武川衆の青木氏墓所のある常光寺です。場所は徳島堰沿いなんですが、そこに出るのが少しわからなかったです。一本下の道を必死に探してましたから。多分自分だけだとおもいますけど・・・・お寺には説明版がありますのでばっちり勉強になりますよ!

武川衆といえば、青木・折井・柳沢・曲淵・山寺・山高などいますよね。特に信玄〜勝頼期は青木氏と山高氏が武川衆の中心として活動していたみたいです。そういえば、馬場美濃守信春ももとは武川衆の「教来石(きょうらいし)」氏ですよねっ!

 

その武川衆、永禄十年(1567)生島足島神社起請文(義信の事件をうけて、武田信玄に対する忠誠を誓うものです)に「六河衆」として記されたのが、最初だそうです。「六河衆」として記されているのは、馬場小太郎信盈・青木右兵衛信秀・山寺源三昌吉・宮脇清三種友・横手監物満俊・青木兵部少輔重満・柳沢壱岐守信勝です。この起請文の前から婚姻などで結束を深めて、衆としての下地はできていたそうですが。

 

彼らは武田氏滅亡後は徳川氏に帰属し、天正壬午の乱で大活躍します。その戦いで徳川家康に信頼され、のちに柳沢氏から柳沢吉保が出たりします。すごく頑張った武川衆です!

 

韮崎市・北杜市はまだまだたくさん武田氏関係の史跡があります!っていうか、あるでしょ!まだまだ知られていないとこが!!この辺の史跡も随時探検して来たいと思ってます。

・・・・ほんとはまだ紹介しなきゃいけないものあるんですが。ソレはまた次にっ!(もったいぶってるわけじゃなしに、ただ写真を・・・・/汗)

<2006/9/27>