甲斐武田を探検っ!!

 

飯田河原古戦場

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

kfm011

県立中央病院という大きい病院があるんですが、その西側にアパートなんかとほぼ同化する感じになっています。山梨県内に住んでる人はこの道使ったりするのでみたことあるなぁって人いると思うんですが。県外からくる人はきびしいかなぁ?荒川沿いをひたすら走るイメージで!

現在建っているのは「慰霊碑」。見ての通り、何百年も前に建てられたというものではございませんので、あらかじめ御了承ください(笑)ちなみに七回忌の際、信虎により建てられた供養碑も別の場所ですが現存しています。

 

ここは大永元年(1521)武田信虎と今川家臣福島兵庫頭正成が激戦を行い、武田信虎が勝利を収めた場所です。信虎方の武将は荻原常陸介昌勝・山県河内守虎清・馬場伊豆守虎貞・工藤下総守虎豊・内藤相模守虎資などの信虎ど真ん中世代と、小畠山城守虎盛・甘利備前守虎泰・原美濃守虎胤など信玄の代でも活躍した人物たちだそうです。その中でも小畠は福島の副将山県淡路守、原は大将福島正成を討ち取っています。ちなみに天文年間前期(1532-1540)山県・馬場・工藤・内藤は信虎の行動や政策について諫言し、逆鱗にふれた信虎により成敗されてしまいます・・・。

なお、ここでの戦いがあったとき、積翠寺ではちょうど武田晴信(信玄)が生まれています!

 

  

 まわりには桜が。春は綺麗!

 横には荒川が流れています。かつての面影は微塵もないんですけどね・・・・

 <2006/8/11>