甲斐武田を探検っ!!

       小宮山氏屋敷

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ht051

史跡・関係地名:小宮山氏屋敷

住所:山梨県北杜市高根町村山西割

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:

普通の住宅のため、自主規制・・・

関係人物:小宮山忠道など

<主家滅亡後の小宮山氏屋敷>信濃の佐久郡の出だといわれる小宮山氏。その小宮山氏屋敷は、小宮山氏墓所のある昌照寺を北東に望む場所にあります。屋敷跡には現在も「小宮山さん」がお住まいの模様です。小宮山氏には信玄期に信濃方面で活躍した小宮山丹後守虎高、武田信廉(逍遥軒)に属し、現甲府市中小河原に屋敷があった小宮山忠房(甲斐国志では丹後守の弟)、武田家滅亡時謹慎の身でありながら勝頼の元に駆けつけた小宮山内膳などがいます。

甲斐国志によると、武田家滅亡後小宮山忠房は小河原の地に浪人しその地で死去(長篠で討死ともいわれています)、跡は四郎左衛門忠道が継ぎます(甲斐国志では忠道は忠房の子とされていますが、近年疑問視されています)。ある時、小河原の地が水害にあったためこの村山西割の地に移り住んだといわれています。かなりの水害であったらしく、昌照寺も小河原からこの地に移されています。

 

左上の写真は屋敷西側。一瞬土塁にも見えてしまう写真ですが、ただ木々が生い茂ってるだけです。右上は屋敷北側。木々の中を道?がありますが、歩行者通行のみでしょうか、その程度の道幅です。

 

左上は少し遠めからの写真ですが、写真内左側が斜面になっています。その斜面を下ると沢になります。右上は屋敷東側写真。一段高くなっている左側が屋敷です。

 

屋敷からは左上のように昌照寺が見えます。昌照寺と屋敷の間は沢(現水田)です。

屋敷周辺には堀・土塁などは見当たりません。「山城探訪」では、元々あったか?それとも後年に均されてしまったか?は不明とあります。小宮山氏は系図的にはっきりしていないところが多く、古文書などの発見から少しずつ紐解かれている状況です。

周辺の甲斐武田氏関係地:昌照寺光村寺など

参考文献:甲斐国志・図説山城探訪第十五集/宮坂武男・新編武田信玄のすべて/柴辻俊六編他

<2012/5/5>