甲斐武田を探検っ!!

       比志の大師堂

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ht040

史跡・関係地名:比志の大師堂

住所:山梨県北杜市須玉町比志

場所のわかりやすさ:○

駐車場:×(徳泉寺から歩いていけます)

説明板:×

売店:×

地図:

関係人物:日向大和守兼繁など

 

<徳泉寺と大師堂>須玉町比志地内を走る増富ラジウムライン沿いの赤い屋根。周囲は古い屋敷などが多いので、すぐ目に付くと思います。天文五年(1536)日向大和守兼繁が祈願所、弘法大師像を高野山から移しました。当初像は徳泉寺にありましたが、徳泉寺が真言宗から曹洞宗に改宗したため、今のお堂に移し祀るようになったとのことです。兼繁は元亀元年(1570)八月死去したと徳泉寺には伝わります。

<二人の大和守>徳泉寺から大師堂を見てみました。ご覧のように赤い屋根がすぐそばに。大師堂に伺う際には徳泉寺に停めさせていただきましょう。ちなみに大師堂の弘法大師像は確認していません・・・

周辺の甲斐武田氏関係地:徳泉寺比志神社など

参考文献:武田氏年表-信虎・信玄・勝頼/武田氏研究会 ・武田氏研究第25号など

<2010/8/24>