甲斐武田を探検っ!!

 

法善寺

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

ma007

 

南アルプス市の加賀美山(かがみさん)法善寺。甲斐源氏の加賀美氏と関係の深い古刹として有名です。武田氏の戦勝祈願所でもありました。

さて、戦国中後期の武田氏の話になりますが・・・永禄六年(1563)武田信玄に子が生まれます。母は祢津氏娘と言われており、大勝と名づけられますが永禄十年(1567)信玄の命でここ法善寺に入り玄竜と名乗ります。玄竜はその後もこちらのお寺で修行に励みますが、天正六年(1578)武田勝頼の命により還俗、甲斐源氏の名族安田氏を継ぎ、安田三郎信清と名乗ります。

しかし、天正十年(1582)武田勝頼・信勝父子が天目山で自害したことにより武田家は滅亡します。信清は高野山に逃れ、織田軍の追撃を逃れます。後に異母姉である菊姫を頼って上杉景勝のもとに身を寄せます(菊姫は上杉景勝の正室)。その後上杉家臣となり、姓も武田に復帰させています。彼の子孫は現在も続いているそうです。信清の法名は虎山玄竜居士。

 

法善寺は加賀美遠光の館跡と伝わります。寺院前の堀跡は当時を思い起こさせるそうですが・・・。遠光は源頼朝の下で活躍した人物。当時甲斐源氏は武田信義、安田義定(後に信清が継いだ家です)、加賀美遠光などがおり活躍してし強力な軍事力を持っていました。しかしそれが頼朝から疑われることになり、しだいに力をそがれていきました。法善寺は遠光孫の遠経が建立したと伝わっています。

 

 <2009/4/22>