甲斐武田を探検っ!!

       高橋山放光寺

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ks010

史跡・関係地名:真言宗智山派高橋山放光寺・安田義定墓所・木造天弓愛染明王坐像など

住所:山梨県甲州市塩山藤木

場所のわかりやすさ:○

駐車場:○(専用駐車場)

説明板:○

売店:×

地図:

関係人物:安田義定・大村伊賀守など

<古刹放光寺>寺記によると放光寺はもともと山岳密教の寺院で、大菩薩嶺に近い一ノ瀬地区に「放光山高橋寺」としてありました。しかし、安田義定が安田氏菩提寺として、元暦元年(1184)この地に移し「高橋山放光寺」となりました。その後武田氏からは祈願所として熱く保護されますが、武田家滅亡後織田軍により焼失。慶長年間に再建されています。

上の写真は総門。珍しい形をしていますが中央部の丸と四角の記号のようなものは「不動曼荼羅」。駐車場が境内の横にあるので、総門を見逃して境内に直行してしまう方も多いのではないでしょうか。せっかくなので見ておきましょう。

  

駐車場横には仁王門があります。こちらにある金剛力士像は鎌倉時代初期のモノで、重要文化財に指定されています。

  

境内に入るとまず目に入るのは鶏冠観世音菩薩像(上中央写真)。放光寺は、主に武田信玄の時代に賑わいを見せた黒川金山と関わりの深い寺院。武田氏の金山技術などの秘密保持のため殺されてしまった遊女たちの供養・慰霊のために、建てられたのが「鶏冠観世音菩薩」だそうです。この観世音菩薩は昭和年間に建てられたものです。

 

<文化財の宝庫>こちらのお寺には、県さらに国指定の文化財も多数あります。大日如来像・愛染明王像・不動明王・そして上記の金剛力士像などなど。個人的にお気に入りは「木造愛染明王坐像(天弓愛染明王像)」。天に向かい弓を射かけている愛染明王坐像なのですが、こういう像のことをまったく知らない(興味もほとんどない)自分でさえ、じかに見たときには感動しました。天弓愛染明王は京都神童寺・高野山金剛峯寺とここ放光寺のもののみが重要文化財なのだとか。

 

また、花の寺としても知られています。春先はさらに見所が増えます。

 <大村伊賀守>大村党という雁坂口警護などにあたった在地武士集団がいました。武田信玄より中牧城警護を任されるなどしていますが、彼等は武田家滅亡後北条氏に組し、武田旧臣を取り込みながら甲斐に進出してきた徳川氏に対抗。大村党は大野砦・中牧城に籠りますが、壊滅しています。その頭目、大村伊賀守は中牧城で討死と伝わりますが、笛吹川鎧淵というところに鎧を捨て、放光寺西で自刃したという話も伝わります。お寺の関係者の方のお話によると、数年前?墓地あたりから戦国時代のものとされる大きなカメが出土したそうです。その中には頭蓋骨・足の骨など、さらに短刀も一緒に埋葬されていました。状況から、それなりに構力を持った人物ではないかと推測され、大村伊賀守では?と思われることもあるのだとか。下の写真のカメです。

後世の作と思われていますが、大村伊賀守(忠行)の辞世の句が残されています。

「鎧脱ぐ淵の水底 倉科の 忠行先は法の光明」

 

<安田義定>甲斐源氏で源義経とともに平家討伐を行い大功を挙げた人物、甲斐源氏安田遠江守義定の墓所も放光寺にあります。

甲斐国内の歴史を古くから見てきた寺院です。予習をしてからお邪魔させていただくと、見るものひとつひとつに重みをより一層感じることができますね。

周辺の甲斐武田氏関係地:恵林寺中牧(浄居寺)城など

参考文献:甲斐国志・牧丘町誌・甲斐国社記寺紀・牧丘町誌他

<2006/8/18 2012/5/28リニューアル>