甲斐武田を探検っ!!

 

八田家御朱印屋敷

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 ff002

八田家は武田氏時代から蔵前衆として年貢の収納や軍糧の輸送を司っていたそうです。信玄から末木村(現笛吹市一宮町末木)に所領を賜り、「末木」を称したこともあるのだとか。

場所的には石和温泉郷の近くに駐車場完備の公園として整備されているで、気軽に行きやすいんじゃないでしょうか?多少前の道が細いので注意してくださいね。

屋敷の周囲には土塁跡・堀などがしっかりあったりして、イロイロ勉強になります。

専門家ではありませんので詳しいことはわからないのですが、なんとも風情のある家?もあったりして。有料ですが、中も見学できます。そして屋敷前には説明板もばっちりあります!

うっかり公園内の写真撮るの忘れているのですが、そこものんびり散歩するのもいいんじゃないですかね。実際散歩されてる方いらっしゃいましたよ。

笛吹市石和町は、春の桃の花祭り、夏の花火・鵜飼などイロイロ催し物あるんで、そのついでに見学されてはいかがでしょうか?

桃の花祭りのメインイベントは最終日に行なわれる御存知?「川中島合戦絵巻」ですが、これ、一般参加可能です。しかも、10人以上でまとめて参加だと、代表が侍大将になれます!あなたが山県昌景になれちゃうかもっ!!けど上杉軍の可能性も50%でありますので、あらかじめ御了承ください(笑)

<2006/8/11>

八田家屋敷の東隣には、願念寺というお寺があります。こちらは八田家の菩提寺として創建されたのだそうです。

<2009/3/9 追加>