甲斐武田を探検っ!!

 

府中八幡神社

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 kfn011

山梨大学の近くにある府中八幡神社です。道路に案内などは建っていないと思いましたが、大学側(西側)からが行きやすいと思います。

駐車場はないんですが神社の前の道、ちょっと広くなってたりしたので、そちらに駐車させていただきました。散歩される方いたり、遊具で遊ぶ子供がいたりと市民のちょっとした憩いの場です。

かつて石和にあり武田家歴代の厚い保護をうけてきた八幡神社ですが、永正十六年(1519)武田信虎が館を石和(現甲府市川田町)から躑躅ヶ崎に移す際、八幡神社も現在の場所ではなく館の西方に移されたそうです。

武田氏滅亡後、現在の場所に移され、甲府城祈願所ならびに鎮守の氏神とされたそうです。

やはり厚い保護うけた神社ということもあってか、上野(現群馬県)小幡氏から鰐口(お堂の前などに吊るされている丸い鈴みたいなものです)を寄進されたりしているようです。この小幡氏は、武田軍最大の動員力を持ったといわれる西上野先方衆です(赤備え!)。なかでも小幡右衛門尉信真(信実とも/のちに信貞)は信玄の絶大な信頼を得ていました。武田氏滅亡後は、織田氏にさらには北条氏に仕えるようです。

ちなみに西上野小幡氏は小畠虎盛の家系とはなんらつながりはなかったとのことです。

<2006/11/10>