甲斐武田を探検っ!!

       旧芍薬塚

 

  史跡一覧

  人物一覧

  トップへ→

ff071


史跡・関係地名: 旧芍薬塚

住所:山梨県笛吹市春日居町鎮目

場所のわかりやすさ:△

駐車場:△(山梨岡神社に停めて10分程)

説明板:○

売店:×

関係人物:武田勝頼・渡辺加兵衛など

<武田滅亡>天正十年(1582年)3月3日、武田勝頼は織田徳川連合軍の甲斐侵攻を受け、新府城での抗戦を放棄。居城に火をかけて小山田信茂が領する郡内地方(現都留市・大月市など)に向かいます。しかしながら7日、小山田は郡内への入口笹子峠を封鎖。それを受け武田勝頼は11日に現在の景徳院で自害しました。
  そのような混乱の中、勝頼は家臣の渡辺加兵衛に自身の2歳になる子供を預けます。しかし、子供は翌年3月7日に病死。彼は加兵衛の屋敷の一角に手厚く葬られたといいます。
  子供の戒名は「武性院殿齋理周哲大童子」。塚には子供が好んだという芍薬が一株植えられたといいます。

<古く新しい芍薬塚と新しく古い芍薬塚>その芍薬塚ですが、年月を重ね荒れてしまいます。それを残念に思った渡辺孫太郎兵衛らは、文化四年(1807年)芍薬塚を自身の屋敷に移し整備しなおします。これが現在よく案内される「芍薬塚」です。
新たな芍薬塚ができた後の(旧)芍薬塚は、畑の一角に目印があるだけとなりましたが、平成元年(1989年)有志により整備されました。


 


<所在地>山梨岡神社近くになります。国道140号から山梨岡神社に向かうと川(平等川)が流れます。その手前、川沿いの道を左に進みます。少し進むと左に鉄塔が現れますので、その手前を左折。すると左手に旧芍薬塚が見えてきます。
旧芍薬塚周辺には由緒・経緯など詳細に記されている説明版があるので、時代の流れを感じつつ、じっくりご覧になられてはいかがでしょうか。

 

 &nsp;

周辺の甲斐武田氏関係地: 芍薬塚 山梨岡神社 など

参考文献:笛吹市広報・武田氏年表/武田氏研究会編など

<2016/1/20>