甲斐武田を探検っ!!

       朝日長者屋敷

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ff066

史跡・関係地名:朝日長者屋敷

住所:山梨県笛吹市八代町岡

場所のわかりやすさ:△

駐車場:○

説明板:△

売店:×

地図:

 

関係人物:伊奈三郎義方など

<一番来てはいけない時期なのでしょうね>笛吹市八代町岡地区の「稲山けやきの森」。遊歩道が整備され、山の木々の中を歩きながらリフレッシュできます・・・、という場所。こんな時期に訪問してしまい申し訳ありません、という感じです。あまり降雪はない地域なのですが、降ってしまうと北斜面ということもあり、なかなか溶けません。

 

左上は駐車場の写真。入れないし、ここまでのぼってくることも結構厳しい状況かと思います。私は徒歩でココまで歩きました。駐車場を少し過ぎると右手に「朝日長者屋敷跡」という看板があります。その看板に従い山の中へ。

 

雪は積もっていましたが、遊歩道ということで広くとってあり安心して歩くことができるはずです。10分弱でしょうか、歩くと「朝日長者」に到着です。下の2枚の写真が現場です。傾斜がありますが、周囲に比べると平坦な場所です。土塁や堀などの遺構は残されていません。

 

<どんな伝説が・・・>さて、「朝日長者」については甲斐国志に記載があります。「朝日長者」という人物が住んだ場所であるそうですが、その人物については全くの不明。また大永三年(1523)三月二十三日、小山合戦(穴山伊予守信永が南部某に攻められ討死した合戦)において穴山勢の伊奈三郎義方という人物が、この地に陣を構えたと伝わっています。この伊奈という人物も不明。不明だらけの場所です。

なお、他の地域では「朝日長者」などという地名などが残る場所では、埋蔵金などの「お宝伝説」が残されている模様ですね。ここもひょっとすると・・・。

周辺の甲斐武田氏関係地:夕日長者屋敷など

参考文献:甲斐国志・図解山城探訪第十六集/宮坂武男など

<2013/1/23>