甲斐武田を探検っ!!

       雄蝶塚雌蝶塚・殿屋敷

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ff008

史跡・関係地名:雄蝶塚・雌蝶塚・殿屋敷

住所:山梨県笛吹市八代町米倉

場所のわかりやすさ:△

駐車場:×

説明板:×

売店:×

地図:本光寺

地図:雄蝶塚

 

 

個人宅なので自主規制・・・

関係人物:米倉氏・早川肥後守など

  

<殿屋敷>笛吹市八代町米倉地区の日蓮宗永立山本光寺。言い伝えによると、永禄年間の創立なので永立山という山号になったのだとか。また地名の「米倉」ですが、武川衆で有名な米倉氏(甲斐国志によると米倉左京大夫)はもともとこの地に屋敷を構えていおり後に武川筋に屋敷を移しますが、米倉氏が屋敷を構えたという「殿屋敷」という地名はこの地に残ったのだそうです。現在は本光寺北〜東あたりにその地名が残されています。「殿屋敷」しっかりしらべましたら、また報告します。

 

<雄蝶塚・雌蝶塚>「武田遺臣の研究/早川春仁著」によると、米倉氏が移ったこの地には、米倉氏と姻戚関係にあり、隠居した早川肥後守が居を構えたといわれています。甲斐国志には「古墓二基アリ雄蝶塚・雌蝶塚」と記されています。雌蝶塚は見つけることができませんでしたが、雄蝶塚は住宅敷地内に隠れるようにあるのを発見。左上の写真、左側の建物の後ろ、わずかに塚が覗いています。右の写真は道路側から撮ってみました。伝承では早川肥後守の妻は栗原氏の出で、名前を「長」といいました。「長」が亡くなり、埋葬したのが「雄蝶塚」と言われる場所なのだそうです。

早川氏は同じ笛吹市境川町・一宮町にも一族が居を構えており、現在もこの周辺には「早川氏」が住んでおられます。なお、武田家滅亡後、井伊家に仕え彦根城の縄張りを行った早川弥三左衛門は甲斐出身。肥後守の孫と言われます。早川氏については肥後守-豊後守-弥三左衛門の流れのなかでの肥後守と豊後守の混同や一族の居住地の移り変わりなどまだまだ研究の余地があるようです。

雄蝶塚は民家の敷地にあるので、地図には載せません。本光寺だけにしておきます、ご了承ください。なお「武田遺臣の研究」という書籍、普通に流通しているものと思っていましたが、HPをご覧になられた「出雲守」様のご指摘でほとんど山梨県内の限られたところでしか手にすることができないようです。出雲守様、ありがとうございました!

周辺の甲斐武田氏関係地:龍安寺・光照寺など

参考文献:武田氏遺臣の研究/早川春仁・甲斐国志・武田信虎のすべて/柴辻俊六など

<2009/5/28 2011/4/12リニューアル>