甲斐武田を探検っ!!

       長松山恵運院

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

kfn010

史跡・関係地名:曹洞宗興因寺末長松山恵運院・武田信縄墓所など

住所:山梨県甲府市塚原町

場所のわかりやすさ:△

駐車場:△

説明板:×

売店:×

地図:

 

関係人物:武田信縄など

  

<謝絶の寺>境内に入ったとたん、「観光謝絶」の看板。こういうのに弱いんで、もうドキドキしっぱなし!

ともあれ恵運院(えうんいん)です。武田神社を越え西に曲がり、相川を越えてさらに右に道を入り・・坂をグングン昇るとあります。

<武田左京大夫信縄墓>本堂手の墓地の中に、ひときわ立派な階段があります。そこを昇ると歴代住職と並び、信縄のお墓があります。なお、山梨市にある聖徳寺にも信縄の墓が伝わっています。

武田信縄(のぶつな)は武田信虎の父親です。彼は生まれつき病弱であったらしく、また信縄の父(信昌)とも折り合いがあわず、家督を信縄弟の油川信恵に譲られそうになるなどで甲斐国が内乱になります。その後信縄があとを継いでもゴタゴタ・・・・。信縄病死後に信虎が家督相続したあとも結局ゴタゴタしています。最終的に治め、甲斐国を統一したのが武田信虎です。

周辺の甲斐武田氏関係地:鐘推堂山烽火台など

参考文献:甲斐国志・甲斐国社記寺記など

<2006/10/15 2013/3/17リニューアル>