甲斐武田を探検っ!!

 

延命寺 辻氏屋敷跡

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

 トップへはこちら→

 ff015

辻氏といえば、辻弥兵衛盛昌が有名(少し?)ですね。現笛吹市一宮町を本拠とする辻一党(野呂一党)という武士集団の頭領である父は六郎兵衛盛良、母小畠山城守虎盛娘。その長男として天文十四年(1545)出生。ちなみに盛昌という名には永禄四年(1561)に改名しますが、同心していた山県三郎兵衛尉昌景と祖父の小畠虎盛から一字ずつ頂戴したんだとか。

盛昌は川中島合戦に初陣、見事首をひとつ討ち取り功名をあげます。永禄六年(1563)西上野箕輪攻めでも広瀬郷左衛門景房・三科伝右衛門形幸・早川弥三左衛門幸豊・曲淵正左衛門吉景らとともに多いに働き、その後三方原合戦では二番槍。天正元年(1573)3月15日?には上記の広瀬と三科に対し訴訟を起こしたりもしています。

屋敷跡なんですが、特に土塁や遺構はないんですが、一応この場所にあったということで雰囲気を感じとりましょう(笑)境内を中心とした地域にあったらしいです。

場所的には比較的わかりやすいと思うんですが、いかんせん小さいお寺さんってことでちょっと探したかなぁ。案内板なんかは、まったく期待しないで下さい(笑)ただ、近くには辻盛昌の子日守が開山した「徳本寺」があり、そちらには開山日守の石塔があります。

まわりはぶどう畑。一宮町さらには笛吹市は果実栽培盛んなんで、そこらじゅう、ぶどう・桃その他もろもろだらけです。春は花が咲き乱れ、そりゃキレイですよ!

 

ぶどう畑は山梨県外の人にとってはめずらしいですよね。

<2006/8/11>

こちらは笛吹市一宮町塩田にある龍雲院。

辻盛昌の関係するお寺だそうで、墓碑があるとか?すみません、見つからなかったです・・・

一宮地区を拠点にしていた辻氏でした!

<2007/5/25 追加>