甲斐武田を探検っ!!

 

長宝寺跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

 kfn008

甲府市下積翠寺町、躑躅ヶ崎館(現武田神社)要害城との中間にあります。この地にはかつて長宝寺(ちょうほうじ)というお寺がありました。現在は「跡」となって地区の集会所の裏に平安時代につくられた釈迦如来像(甲府市指定文化財)が祀られているお堂があり、その向かって左手に墓地があるのみとなっています。釈迦如来像ですが、結構立派で覗く感じにはなりますが、見ることが可能でした(逆にこういう保存状態でよいの?って感じ/笑)。

こちらの場所がちょっと難しかった・・・。民家に囲まれてわかりづらく、さらには周辺には車停める場所がない・・・ちょっと離れたバス停付近に車を停め、テクテク歩きました。

長宝寺と武田氏にまつわる話があります。

武田義信は別府地区(ちょっとどこかわかりません、この周辺?)に屋敷に構えていましたが、婚姻が決まり躑躅ヶ崎館の西曲輪に移ることになりました。その際、屋敷はこの地域を領していた駒井高白斎に与えられ、門などは長宝寺に移されたんだそうです。与えられた門、今は「長宝寺跡」なので、その面影さえもなくなってしまっています・・・

この下積翠寺を領していた駒井氏。かなり重要な場所ですよね、館と詰め城を結ぶ場所なわけですから。武田氏からの信頼はとても高かったのでしょうか。

 

ちなみに駒井氏、信玄側近として有名な高白斎に筑後守信為という兄がいます。信為は信玄・勝頼期に要害山城の城番をつとめており、その子らも同じく城番をつとめます。武田氏滅亡後は徳川氏に仕え、長久手や小田原で活躍しています。そして高白斎の嫡子は昌直。天正壬午甲信諸士起請文では武田旧臣の総代となっています。近くには昌直開基の宝積寺もあります。やはり、この周辺に駒井氏は強い影響力を持っていたのでしょうね。

上の写真、中央右に見える山が要害山、その手前に木が茂っていますが、そこが長宝寺跡です。場所がとにかくわかりにくそうな写真が用意できました(笑)

 <2007/10/20>