甲斐武田を探検っ!!

       教来石民部屋敷跡

 

 史跡一覧へ

 人物一覧へ

 トップへはこちら→

ht007

史跡・関係地名:教来石民部屋敷跡(上小用遺跡)

住所:山梨県北杜市白州町鳥原

場所のわかりやすさ:△

駐車場:○(向かいのビューファームに)

説明板:○

売店:△

地図:

 

関係人物:馬場信春など

<不死身の美濃>ほぼ長野県との県境にある北杜市白州町。「教来石(きょうらいし)民部屋敷跡」ですが、少しわかりづらいかも知れませんが、ビューファーム鳥原平の向かいにあるので、それを目印に行ってください。現地にはちょっとした説明板が建っています。

こちらの史跡は甲斐国志などでも取り上げられるように古くから伝わってきており、さらに昭和六十三年から実地された発掘調査により中世の遺構が確認されています。さらに周辺から縄文中期・平安の遺物が幅広い場所で発掘されています。

教来石氏は甲斐信濃国境警備などを行なっていた武川衆の一員。その中で信玄の眼に留まり、甲斐の名族馬場氏の名跡を継いだのが馬場美濃守信春です。馬場信春は武田四名臣(他に山県・内藤・原隼人もしくは春日)にも数えられえる名臣として有名な人物、『不死身の美濃」とも賞されました。また、築城が得意分野の一つであったとされ、信春の縄張りとされる城が甲斐武田氏の侵攻地である現在の長野県・静岡県に残されています。彼の築城技術は山本勘助から学んだとも言われており、さらにその馬場信春の築城技術は早川幸豊に伝わり、井伊家の彦根城へと受け継がれており、井伊家に伝わったのは「赤備え」だけではなかった・・・なんていうのはとてもロマンを感じます〜・・・言いすぎでしょうか?

馬場信春は、長篠にて殿をつとめ討死。彼の墓所は同じ白州町内の自元寺にあります。

<遺構など>

 

 

屋敷跡主郭部付近は荒地でしょうか、とにかく荒れた状態となっています。夏場にうかがうと、草が思うがままに茂っていそうなので、冬場がおすすめです。屋敷跡東部に空堀跡が残されています。上の写真は館跡東南部。下の写真は東部ですが僅かに低くなっており、空堀跡の東側は畑なのですが、空堀跡は荒地?となっており、地割りからも確認する事ができます。

 

南部に向かってみますと。

 

急斜面となっています。また、斜面の下には大きくはありませんが川が流れています。現在の川はコンクリートで整備されてしまっていますが、かつてはこの斜面を屋敷防護として利用していたのでしょうか。

 

屋敷跡西部にははっきりわかる遺構は残されていないと思います。ただ、なんとなくですが、地割り?が空堀跡と思われる形で残されています。

これだけの遺構が残されている教来石民部館跡。教来石民部が馬場を名乗るまで代々この地で暮らしていたと伝わっています。

南アルプスだけでなく、八ヶ岳も有名な山。風の強い翌日などは八ヶ岳がとても綺麗に見えます。ここから見た八ヶ岳の右側が佐久口、左側が諏訪口となります。ともに古くから信濃へ抜ける重要な道でした。

この地域にはサントリーのワイナリーなどがあります。また、ミネラルウォーター(南アルプスの・・・という商品)工場もこの近くにあり、工場は見学可能です。ちなみに山梨県はミネラルウォーター生産量日本一なんだとか。南アルプスからのおいしい水が楽しめる北杜市です。

周辺の甲斐武田氏関係地:自元寺・甲州街道台ヶ原宿・清泰寺など

参考文献など:甲斐国志・須玉町史など

<2007/12/27 2012/1/15リニューアル>