甲斐武田を探検っ!!

 

浅利明神

 

史跡一覧へ

人物一覧へ

トップへはこちら→

 kg001

永禄十一年(1568)甲斐の武田信玄は、それまで甲相駿三国同盟を結んでいた駿河に侵攻を開始します。当然の結果として、相模の北条氏とも武田氏は関係が一気に悪化。両者は交戦状態となり、信玄の娘で北条氏政に嫁いだ黄梅院殿も離縁されています。

翌年(1569)武田軍は北条氏の居城小田原城を包囲しますが、北条氏は籠城して対抗。防備の固い小田原城、数日で武田軍は甲斐に撤退を始めますが、その帰り道の三増峠で待ち伏せをしていた北条氏照らの軍勢と衝突します。また、小田原城からは北条氏政が率いる軍勢が迫り挟み撃ちにされる危険性があり、早めに突破口を開かなければならない状況になっていました。武田軍は軍を三手に分け、一手が北条軍を持ちこたえる間に別働隊が山岳地帯から奇襲したことで北条軍を崩し、甲斐に撤退することができています。

この戦いで部隊を馬上から指揮をしていた浅利右馬助信種は、鉄砲の流れ弾にあたり討死します。武田信玄は信種の死を悼み、この地に墓をたて彼を篤く供養したそうです。そして時は流れて寛政元年(1789)、村人が墓周辺から骨壷を掘り起こします。これを浅利明神として祀り、崇拝して今日に至っています。

浅利信種は、武田信虎に仕え天文十年(1541)武田八幡玉殿造営奉行をつとめるなどしている浅利伊予守虎在の嫡子です。彼は義信事件後の武田家臣団の起請文取りまとめ役として、また永禄十一年(1568)上野国(現群馬県)箕輪城代として武田氏の北関東攻略の中心として活動しています。重要な職務を多くこなす、武田家臣の中で中心人物の一人であった浅利信種です。彼の死後、跡を継いだ嫡子彦次郎昌種は父親ほどの目立った行動がありません。信玄・勝頼に仕え、武田氏滅亡後は徳川氏に取り立てられ、本多忠勝の下で働いています。

 

入口の道路には案内が建っています。そして浅利明神横には説明板がありますので、こちらもぜひご覧下さい。なお、自動車ですぐ脇まで行くことが可能ですが、道幅は細いようで更に道路は浅利明神で行き止まりです。その行き止まり付近でUターン可能ですが、注意して行った方がよいと思います。

  

 

神奈川県愛川町にある浅利明神、周辺地域には三増峠合戦場にまつわる伝承地などが多く残されています。ちなみに中央自動車道相模湖ICが近くて便利なのですが、相模湖周辺は祝日などには結構渋滞しているようです。一応ご注意を・・・

 

浅利信種の法名は泰公禅定門。

家系は甲斐源氏、源平合戦で活躍した浅利与一義成の後裔だと伝わりますが、はっきりしていないそうです。

 <2008/9/17>