北朝鮮核兵器保有問題のまとめ

サッカーワールドカップアジア最終予選、対北朝鮮戦翌日の2005年2月10日、そのニュースは舞い込んできた。 北朝鮮のスポークスマンが、米国の敵視政策に対抗して「自衛のための核兵器をつくった」と初めて公式に表明した。 それと同時に六カ国協議の無期限停止も宣言する。北朝鮮はNPT(核拡散防止条約)からも脱退しており、ますます国際社会からの孤立を深める格好になることは間違いなさそうだ。

現在までの報道のまとめ(2/26 12:49〜現在進行中)

現在までの報道のまとめ(2/17 13:01〜2/25 21:02)

現在までの報道のまとめ(2/10 16:46〜2/17 11:02)

識者談話のまとめ

各社社説のまとめ

●【第一報】核兵器つくったと表明=北朝鮮

北朝鮮「核作ったお」
1 :番組の途中ですが名無しです :05/02/10 16:24:38 ID:xM1n4Juw
【15:58】 【北京10日共同】北朝鮮外務省スポークスマンは10日の声明で、米国の敵視政策に対抗して「自衛のための核兵器をつくった」と初めて公式に表明した。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1108020278/

●北朝鮮声明の骨子

・米国は対北朝鮮敵視政策に執着しており、会談する名分さえない。
・「拉致問題」にいいがかりをつける日本との会談も困難。
・六カ国協議への参加を無期限に中断する。
・わが方は自衛のために核兵器をつくった。核兵器庫を増やす。
・対話と協議を通じて核問題の解決を図る原則的立場は変わらない。

●北朝鮮核開発概略

米中央情報局(CIA)は2003年に、北朝鮮がプルトニウムを使った核兵器を「少なくとも1個か2個」保有していると分析。一方、北朝鮮は同年、核兵器5、6個分のプルトニウムを抽出できる使用済み核燃料棒8000本の再処理の完了を宣言した。北朝鮮はウラン濃縮による核兵器開発も目指しているとされ、来日中のボルトン米国務次官は10日、濃縮ウラン計画が予想以上に進んでいる可能性があるとの見方を示した。


北朝鮮外務省が「ブッシュ米政権の孤立圧殺政策に対抗し自衛の核兵器を製造した」と発表した。核保有についての初の直接的な表現。写真は衛星画像会社が発表した北朝鮮・寧辺の核施設(03年2月3日撮影)


北朝鮮が核兵器製造と6カ国協議への不参加を宣言したことについて、11日、ソウル市内の米大使館近くで反北朝鮮集会が行われ、韓国人活動家らが金正日労働党総書記の肖像と北朝鮮国旗を燃やした。(韓国・ソウル)

●核問題をめぐる最近の動き

<02年>
10・16 米、北朝鮮が濃縮ウラン計画を認めたと発表
12・12 北朝鮮、凍結中の核施設再稼働を表明
<03年>
1・10 北朝鮮、核拡散防止条約(NPT)脱退を宣言
4・23 米朝中3カ国協議。非公式に「核保有発言」(25日まで)
8・27 第1回6カ国協議。北朝鮮は核実験の用意表明(29日まで)
<04年>
2・25 第2回6カ国協議(28日まで)
5・22 小泉首相が2度目の訪朝
6・23 第3回6カ国協議。米国が新提案(26日まで)
10・18 米大統領、北朝鮮人権法に署名
11・2 ブッシュ米大統領が再選
12・4 北朝鮮外務省報道官、6カ国協議再開問題で第2期ブッシュ政権の対応見守ることを示唆
<05年>
1・1 労働新聞などの新年社説、挑発的表現使わず米国に「敵視政策」変更を呼びかけ
1・18 米のライス新国務長官、上院の指名承認公聴会で、北朝鮮などを「圧政国家」と名指し
1・20 ブッシュ大統領、2期目の就任演説で「世界で圧政に終止符を打つのが最終目標」と表明
2・2 ブッシュ大統領、一般教書演説で核問題の外交的解決を表明

●主な会議を機にした北朝鮮の核兵器発言  

・米朝中3か国協議(03年4月23日から25日) 
李根(イ・グン)外務省副局長「われわれは核兵器を保有している」(晩さん会の会場で) 

・1回目の6か国協議の直前(03年7月8日) 
朴吉淵(パク・ギルヨン)国連大使「寧辺(ヨンビョン)核関連施設内に8000本の使用済み核燃料棒の再処理を完了」(米朝実務レベル協議) 

・1回目の6か国協議(03年8月27日から29日) 
金永日(キム・ヨンイル)外務次官「核兵器を持っていることを見せられる」(会談直後) 

・2回目の6か国協議の準備段階(03年10月16) 
外務省スポークスマン会見「時期が到来すれば、われわれの核抑止力を物理的に公開する」 

・2回目の6か国協議(04年2月25日から28日) 
チェ・ジンス駐中北朝鮮大使「米国が対北朝鮮敵対視政策を放棄すれば、核兵器を廃棄することが(記者会見)」 

・3回目の6か国協議(04年6月23日から26日) 
金桂寛(キム・ゲグァン)外務省次官「核兵器をこれ以上作らず、輸出せず、実験しない」(会議場) 

・米国による「10月危機説」直前(04年9月27日) 
崔守憲(チェ・スホン)外務省副相「すでに兵器化したことを宣言した次第である」(記者会見) 

・4回目の6か国協議の準備段階 
金桂寛・外務省次官「北朝鮮は核兵器保有国であり、核兵器は防衛用」(05年1月カート・ウェルドン米下院議員らに会った席で) 
外務省声明「自衛のために核兵器を作った」(05年2月10日)  

●主要関連事項の経緯

1978年 北朝鮮、第2次7か年計画開始 
1985年 北朝鮮、核拡散防止条約に調印 
1987年 北朝鮮、第3次7か年計画開始 
1992年 朝鮮半島非核化共同宣言 
北朝鮮、IAEAと保障措置協定に調印 
北朝鮮、IAEAによる特別査察を拒否 
1993年 北朝鮮、核拡散防止条約脱退を宣言 核兵器開発疑惑問題が表面化 
1994年 北朝鮮、国際原子力機関脱退 
1994年10月 北朝鮮、軽水炉への転換についてアメリカとの枠組みに同意 
1995年 3月 日本・米国・韓国の3か国、KEDOを設立 
1995年12月 KEDO及び北朝鮮、軽水炉供給取極めに合意、署名 
1997年 8月 KEDO、軽水炉敷地造成の起工式 
1997年11月 軽水炉建設費見積を52億ドルに決定 
1998年 6月 軽水炉建設費を46億ドルに修正 
韓国「7割」、日本「10億ドル」を表明 なお4億ドル不足 
1998年 8月 米国は北朝鮮の寧辺の北西KMに核開発疑惑地下施設を察知、11月に地下施設問題で第1回米朝会議 
1998年 10月 日本は費用分担に関するKEDO理事会決議に署名 
1999年 1月 韓国は2003年までに2基の軽水炉建設は不可能との見とおし発表、同月に寧辺の各施設で96年より続いてきた使用済み核燃料の密封作業完了。 
1999年3月 第4回米朝会議で地下施設立ち入り合意 
2001年8月 建設現地の敷地整備工事が完了 
2001年9月 建設現地で掘削工事開始のセレモニー開催 
2003年12月 北朝鮮の核開発発覚等により1年間停止 
〔出  典〕 「原子力白書 平成15年版」「原子力年鑑2004」 

●「日本は90日以内に核保有可能」大前研一

−−北朝鮮の核保有が最終確認された場合、日本も核武装に動くのか。 

「その可能性は大きい。 日本はその気になれば90日以内に核爆弾を製造し、 ミサイルに搭載できる技術的能力を持っている。 われわれはすでに大陸間弾道弾(ICBM)水準のミサイル(ロケット)を保有しており、 50トン以上のプルトニウムを備蓄している。 核爆弾2000基を製造できる分量だ。 日本はすでに30〜40年前、原爆製造に必要なあらゆる実験を終えた。 

日本が核武装をしないのは国民情緒のためだ。 9割の日本人が核兵器の開発に反対している。 広島と長崎の悪夢のためだ。 しかしわれわれが北朝鮮核兵器の実質的脅威を受ける状況になれば、 世論は急変するはずだ」 

http://japanese.joins.com/html/2005/0225/20050225163728100.html

●経済制裁に反対する人々が北朝鮮の核保有を容認

北朝鮮による日本人拉致問題の平和的解決を求めて、「とめよう戦争への道!百万人署名運動・ 県連絡会」のメンバーらが17日夕、 岡山市駅前町の岡山会館前で街頭宣伝を行った。 メンバーらはマイクを手に、「経済制裁は拉致被害者の救出にはつながらない」 「一般市民をまきぞえにするな」などと訴えた。同会の野田隆三郎代表(67)は 「経済制裁で犠牲になるのは、権力者ではなく罪のない国民。 経済制裁を発動すれば、戦争につながりかねない」と話した。

「百万人署名運動」呼びかけ人 
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/sandou.html 

佐高信(評論家) 
辛淑玉(人材育成コンサルタント) 
知花昌一(沖縄・反戦地主) 
中川ともこ(衆議院議員) 
福島瑞穂(参議院議員) 
保坂展人(衆議院議員) 
本島等(前長崎市長) 
桑江テル子(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会事務局長)


自衛隊派遣反対を訴えているのに、「北朝鮮に核兵器を持つ権利を!」というプラカードを持つ人。

●北朝鮮への「圧力手段」と根拠法

改正外為法*=(1)財務相、経済産業相の判断で、資金送金、貨物の輸出入、技術移転、仲介貿易などを禁止(2)北朝鮮への出国者の手荷物検査の強化(従来からの措置)

特定船舶入港禁止特措法*=日本の平和と安全の維持に必要な時、万景峰号など北朝鮮船の日本入港を禁止

改正油濁損害賠償保障法(3月1日施行)=国土交通相が指定する36社の船主責任保険か、国交相が証明書を発行した船主責任保険に加入していない100トン以上の船舶の入港禁止

日本農林規格法=北朝鮮産アサリの原産地表示を厳格化し、国内産のように装った販売の取り締まり強化

協同組合金融事業法など=朝銀系信用組合への監督強化

地方税法、各自治体条例など=固定資産税が減免されている在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の施設の使用状況の監視強化

(注)*印は経済制裁法

●核兵器の具体的な威力

【広島】爆風は、爆心地から約4km 地点まで、熱線は約3.5km 地点まで、 また、放射線は約2km 地点まで達したと推定されております。 
【長崎】爆風は、爆心地から約5Km地点まで、熱線は約4Km地点まで、 また、放射線は約2.5km地点まで達したと推定されております。 
【1952年アメリカ水爆】原爆の百〜千倍の威力。 
【現在アメリカ】W-56核弾頭。広島の100倍 
【現在ロシア】MIRV(個別誘導複数目標弾頭)広島の50倍を10発×2。 

核ミサイルを打ち落とせばいいじゃないかと思われる方がいますが、 全くの無意味です。核というのは威力があるため上空で爆発させるのです。 広島型は上空600mでしたが、20メガトンもの核ならば6km以上の上空で 爆発させるのが妥当です。 その為、例え日本海上空で打ち落としても日本海側の壊滅は免れません。 

●専門誌の見解

「朝鮮のどうなるか?ヨミウリとSAPIOの見解」 

@中国が北朝鮮を併合する 
A東西ドイツ統一のように、三八度線が崩壊して南北が統一される 
B軍がクーデターを起こし、交渉のできる暫定政権を立てる。 

http://senichi-ss.ameblo.jp/entry-27b2a88079dc6b424a68965da6406454.html 

●第一報がメディアで報じられた直後のウェブサイト

各紙のトップページ 
<産経>核兵器製造、北が公式表明 
http://www.sankei.co.jp/ 
<日経>北朝鮮外務省「核兵器つくった」と表明 
http://www.nikkei.co.jp/ 
<読売>北朝鮮「自衛のための核兵器製造した」 
http://www.yomiuri.co.jp/ 
<CNN>North Korea claims nuclear weapons 
http://www.cnn.com/ 
<BBC> N Korea suspends nuclear talks 
http://news.bbc.co.uk/ 
<毎日>北朝鮮:「6カ国協議参加を無期限中断」 
http://www.mainichi-msn.co.jp/ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<朝日>ETCレーン、料金所員の事故相次ぐ 
http://www.asahi.com/ 

朝日新聞だけが、一時間以上トップページが変わらなかった。また、注目すべき点は、毎日と朝日のみがのちの紙面でも「六カ国協議を中断」という見出しをつけている点である。北朝鮮に対して甘さが目立ったメディアが、あくまで、核兵器というインパクトを抑えた狙いだと読み取れる。

●中国の核ミサイルの威力(参考)

東風2型(DF-2)CSS-1  1,050〜1,250Km    15Kt 又は 30Kt(広島型原爆1〜2発分の威力) 
東風3型(DF-3)CSS-2  2,700〜3,500Km    2Mt(広島型原爆、132発分の威力) 
東風4型(DF-4)CSS-3  4,750〜7,000Km    2Mt(広島型原爆、132発分の威力) 
東風5型(DF-5)CSS-4  13,000〜15,000Km  5Mt(広島型原爆、333発分の威力) 
東風11型(DF-11)CSS-7 300Km         90Kt(広島型原爆、6発分の威力) 
東風15型(DF-15)CSS-6 600Km         90Kt(広島型原爆、6発分の威力) 
東風21型(DF-21)CSS-5 1,700〜3,000Km    250Kt(広島型原爆、16発分の威力) 
東風31型(DF-31)     8,000〜10,000Km   250Kt(広島型原爆、16発分の威力) 
東風41型(DF-41)     12,000Km      (現在開発中) 

●核兵器廃絶を主張している組織、団体

注目すべきは彼らが北朝鮮の核保有宣言に対してNOを言えるかどうかである。

フォーラム平和・人権・環境
http://www.peace-forum.com/
ピースデポ
http://www.peacedepot.org/frame.html
核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ
http://www3.ocn.ne.jp/~gca.naga/index01.htm
日本非核宣言自治体協議会
http://www.nucfreejapan.com/
ナガサキ学生平和ボランティア
http://www.try-net.or.jp/~kitazono/
核兵器廃絶をめざすヒロシマの会
http://e-hanwa.org/
日本被団協
http://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/
東京反核医師の会
http://www.ask.ne.jp/~hankaku/html/hyousi.html
ナガサキ・ピースサイト
http://www.nagasaki-np.co.jp/peace/
つたえようヒロシマ・ナガサキ
http://tutaeyou.hp.infoseek.co.jp/
反核医師の会
http://www1.doc-net.or.jp/~no_nukes/
(財)長崎平和推進協会
http://www.peace-wing-n.or.jp/
日本平和委員会
http://www.j-peace.org/
グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/


●関連リンク

北朝鮮の核開発
http://www.gensuikin.org/nw/n_korea-.htm

パトリオット能力発展型第3段階(PAC3)
http://www.gensuikin.org/news/pac3.htm

北朝鮮人民共和国(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/index.html

朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kaku/kedo/

広島市の北朝鮮NPT脱退声明に対する抗議文
http://www.city.hiroshima.jp/shimin/heiwa/protest/dprk2.html

KEDO事務局 (英語)
http://www.kedo.org/

North Korea Today's Q&A 
http://www.foreignaffairsj.co.jp/source/NorthKorea/NKToday.htm

北朝鮮核開発疑惑の背景
http://www.jnc.go.jp/kaihatu/hukaku/dk/1/5/1-j.html

軍事@2ch掲示板
http://hobby7.2ch.net/army/

自衛隊@2ch掲示板
http://society3.2ch.net/jsdf/

東アジアニュース速報+@2ch掲示板
http://news18.2ch.net/news4plus/

国際情勢@2ch掲示板
http://society3.2ch.net/kokusai/

原水爆禁止日本協議会(原水協)共産党系
http://www10.plala.or.jp/antiatom/

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)旧社会党系
http://www.gensuikin.org/

核兵器禁止平和建設国民会議(核禁会議)旧民社党系
http://homepage2.nifty.com/ui-net/kakkintop.htm

管理者:北朝鮮核問題を斬る(連絡先)
MonkeyBanana3.Com Free Counter