赤ちゃんのまぶた

赤ちゃんのまぶた

赤ちゃんの目について考えたいと思います。

待ち望んで自力でやっと妊娠できた方や、医療の力を借りた方、妊娠生活も大変だった方、簡単に妊娠できて出産された方。

様々な方がいらっしゃり様々な出産場面もあるかと思います。

ひとえにこれが良いとは言い切れませんが、一般論として読み進めてくださいませ。

赤ちゃんが生まれてすぐは、出産の喜びで満ち足りています。そして時間が経つにつれパパ似なのかママ似なのかといった話も出てきます。

そして一番話題になるのが目でしょうか。顔の印象というのは目で決まってくるところもあります。

やはり一重まぶたより二重まぶたの方が印象が良いのでしょうか。そのため自分の赤ちゃんは二重まぶたがいいな、と望まれる親も多いです。

ちなみに一重まぶたか二重まぶたかは遺伝するため、一重まぶたの親からは一重まぶたの赤ちゃんが生まれてくる可能性が高いといえます。

しかし赤ちゃんの顔はどんどん変わるので何とも言えませんが、成長過程で二重まぶたに変わる場合もあります。

しかしながら生まれたばかりの赤ちゃんのまぶたは一重のことが多いです。

親によっては一重まぶたの赤ちゃんのうちから、まぶたにライン付けをされる方もいます。二重まぶたを望むあまり、なんとか自力でやってみようと思うわけですが、危険なのでやめましょう。

赤ちゃんの皮膚は非常にデリケートです。

赤ちゃんが成長して年頃になったとき、その時まだ一重まぶたであったならば、その子が自力で何とかしようとするかもしれません。

元気に育ってくれたらそれでいいと思うのですが、やはり二重まぶたに憧れるお母さんの気持ちもわからなくはないです。

[PR]
パールホワイトpro 皇潤 激安 ウォーターサーバー クレア ダイエット効果