なぜ自力にこだわるのか

なぜ自力にこだわるのか

何とかして自力で二重まぶたにしようという考えの私は、研究と努力を惜しみません。

成長過程の中で左目だけうっすら奥二重が二重まぶたになりつつあったものの、未だ奥二重の右目のために何かいい案はないかと模索中です。

整形手術をしてしまえば簡単ではないかと言われそうですが、まだそこへ手を出す勇気がありません。

お金も高いだろうし、何と言っても自然な形で自力で二重のまぶたにしてみたいのです。

誰にも気づかれず、さりげなく時間をかけて二重になっていってくれたら言う事なしです。

そしてこのさりげなくということが、整形手術にはないのです。いきなりはっきり二重になってしまったら、周囲にバレバレです。

別にそれが何なのよ、という方は肝が据わっていて格好良いなと思います。

私のようにさりげなくとかバレないようにとかの考えでいると、二重になるためには時間と努力が必要となってきます。

何より自力で二重のまぶたになれば、それが本物のような気がしてなりません。

もう一生二重まぶたでいられると思っています。整形手術で言われる崩れも心配ありません。
だからこんなに自力での方法にこだわっているんでしょうね。

まぶたに癖を付けさえすれば、もうずっと二重でいられるのです。
ビューラーで上げたまつげがまぶたの重みで下がって落ち込むこともなくなります。

アイシャドーもアイラインも、まぶたの重みで隠れることもないのです。
そんな素敵な目を手に入れるため、自力にこだわる私は日々勉強中です。

[PR]
記念日の演出 トゥルースリーパープレミアム 薬用凌駕アランテ2の効果・口コミ
クレア 口コミ効果 皇潤