アイプチについて

アイプチについて

私がアイプチと出会ったのは高校生の頃でした。
それまでのりで代用していましたが、自宅の母の化粧台よりアイプチを発見した時には衝撃的でした。

今となってみれば、母もまた奥二重に悩んでいたのかと思うと微笑ましいですが。

アイプチは今は様々な化粧品会社から販売されています。ですが、タイプとしては皆同じように細い刷毛で接着剤をまぶたに塗る方法です。

白い液が乾くと透明になる、というのは母が使用していた時代から変わっていないということなんですね。

しかしながら、このアイプチもなかなか使いこなせないのが現状です。
まず、あの刷毛が塗りにくいかと常々思っています。

もう少し細いと良いのではないかと思いますが、そうなると接着が弱くなるんでしょうね。
結局は塗る面が増えてということであの刷毛の太さになったのでしょう。

あの接着剤の塗る場所にもまた問題が発生します。
まぶたの中央に塗るとはっきりした二重になります。
しかし目を閉じた際に違和感があります。

目が閉じないこともあり外出先では少々不自然になってしまいます。
そして目が閉じないので充血してしまいます。

なので、私はまつげの際に塗っていました。
もちろん二重の幅は狭いですが、より自然な形を望んでいたのでその場所に塗っていました。

ですが、時に接着剤がまつげにくっ付いてしまいました。そうなるともう大変です。
まつげは抜けるし涙が出るほど痛いです。

でも成功すれば自力で自然な二重になり、ビューラーで上げたまつげもカールしたままです。

いつもより少し目がパッチリしているね、といった程度ですが問題ないです。
自力で二重のまぶたになっているという満足感もあります。

ただ、まつげに付かないことだけは十分注意しないといけません。

[PR]
記念日の演出 皇潤
トゥルースリーパー
薬用凌駕アランテ2の効果・口コミ